2016年6月27日 更新

セミマットな陶器肌へ♡ 憧れの肌もファンデーションで作れる!

肌がキレイに見える、セミマットな陶器肌はみんなの憧れ。そんな肌がリキッドファンデーションで手に入るんです。手間いらずで作る、つるつるスベスベな仕上がりをあなたの肌にもいかが?

15,431 view

注目したい! スベスベでセミマットな陶器肌

お人形さんのような美肌に見せるには?
陶器肌とは、毛穴の存在が感じられないかのようなスベスベな肌のこと。まるで人形のようなフラットでつるつるな肌にするには、日々のお手入れと共に優秀なファンデーションが必要です。特にリキッドで仕上げるセミマットな肌は、凹凸が目立ちにくく理想の肌に近づくことができるかも。陶器肌が作れるファンデーションをご紹介します。

リキッドファンデーションで作る陶器肌

肌に伸ばしやすいリキッドファンデーション
リキッドファンデーションがなぜ陶器肌を作るのに向いているのかというと、肌の隅々に行き渡るのでムラや凹凸をカバーしやすいからなんです。最新テクノロジーで作られたリキッドなら、パウダーに比べるとテカリが心配な人にも安心! さらっとしたテクスチャーで、陶器のようなセミマット肌を作ることも可能です。

2016上半期新作ベストコスメ ベストリキッドファンデ 第1位!

NARS / ベルベットマットスキンティント SPF30/PA+++

5,832(税込)
見事、2016上半期新作ベストコスメ ベストリキッドファンデ 第1位を獲得した、ベルベットのような感触のティントタイプファンデーション。スムースなつけ心地で一日中テカリを抑えます。またSPF30・PA+++なので紫外線対策も。
テクスチャーは?
トリートメント効果のあるテクスチャーがナチュラルでありながら肌のトーンを均一にし、毛穴やシワをカバーしてくれます。
名前どおりベルベットスキン!!
マットめでサラサラになります。
マットと聞くと老けて見えそうですが、若く見えるマットというか、老けて見えないし、肌はピンとして均一に見えます。

ツヤのあるマット肌が叶う! 崩れにくさもうれしい

ディオール / ディオールスキン フォーエヴァー フルイド

6,000(税抜)
崩れにくさを誇るロングラスティングファンデーション。明るいルミナスマットな仕上がりが一日中が続きます。
軽やかな使い心地が魅力
まるで素肌のようなナチュラル感溢れる仕上がりに。スキンケア成分も配合され、毛穴が目立ちにくい肌に導きます。
この製品はマットな中にも少しツヤが出ます。
横顔で頬骨のあたりがとてもキレイ。
私はツヤが苦手ですが、ツヤも少しならいいな、と思うくらいの控え目なツヤ。
時間がたったほうがテカリではない、馴染み感のあるツヤが出ますね。

リーズナブルで◎ 毛穴カバーで陶器肌へ

レブロン / カラーステイ メイクアップ

2,000(税抜)
肌のカバーしたい部分を目立ちにくくする、セミマット仕上げのリキッドファンデーション。潤いを与え、皮脂をコントロールするのでテカらせず、崩れにくくなる仕上がりです。
ナチュラルにカバーする
よく伸びるので肌の色ムラ、凹凸、毛穴をカバーしながら 厚塗りにはならないテクスチャーです。
ファンデーションつけるとすぐに鼻がテカってしまうのですが、こちらの商品は時間が経っても崩れませんでした!夏場には特に良さそうです。
肌への負担を考えて最近はミネラルファンデーションなどに浮気していますが、崩れにくさ、カバー力はピカイチだと思います。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
見直すならベースメイクから! なりたい肌を叶えましょう

見直すならベースメイクから! なりたい肌を叶えましょう

冬から春へメイクを見直すなら、ベースメイクから!メイクアップはメイクの基本であり、旬の顔を作る近道なんです。あなたが欲しいのはどんな肌? 早速チェックしましょう。
sunsun | 10,891 view
パウダーorリキッド派? 秋のおすすめファンデ6選

パウダーorリキッド派? 秋のおすすめファンデ6選

使っているファンデーションはリキッドとパウダーどちらですか? 季節が変わればお肌も変化してきます。秋になったらファンデーションも衣替えしてみまませんか♡
yummy | 9,554 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

momotan momotan