2017年5月19日 更新

面長さん向け♡小顔に見せる簡単メイクテクニック

顔がすらっとして、大人っぽい印象の面長さんですが、本人にとってはコンプレックスに感じてしまうこともありますよね。特に顔が大きく見えてしまうのが悩みという方が多いのではないでしょうか。今回はそんな面長さんのために、小顔メイクのテクニックをご紹介します♡

19,342 view

小顔に見せたい!

小顔に憧れる
小顔に憧れる
日本人の美人の条件の面長顔。すっとして大人っぽくキレイな印象ですが、顔のカタチが縦長なので、実際の顔の大きさよりも大きく見えてしまうのが面長さんの悩みのタネ…。メイクの力でなんとか出来るなら、小顔メイクをしてみたいですよね!

眉毛の描き方

眉毛は太めの方が◎
眉毛は太めの方が◎
細い眉毛は空間を作ってしまうので、間延びした印象になり、面長さんにはおすすめできません。太くナチュラルな眉が良いでしょう。また、やや長めの眉毛を描くと、眉毛で縦のラインを仕切ることができるので、面長が目立たなくなります。

「太×短」でおしゃれ顔♪トレンド「ヘルシー眉」の描き方 - biche(ビーチェ)

「太×短」でおしゃれ顔♪トレンド「ヘルシー眉」の描き方  - biche(ビーチェ)
オルチャン風で一斉ブームとなった太眉など、昨今のメイク界でも重要なパーツの眉毛。そんな眉毛トレンドの一つ「ヘルシー眉」のメイク方法を、あなたもマスターしてませんか♪

アイメイクの仕方

丸く幅のある目に
丸く幅のある目に
アイメイクは、なるべく丸く幅を持たせるようにメイクします。マスカラはたっぷりつけ、しっかりカールさせます。カールしているのとしないのでは、目の幅に違いが出るので面倒くさがらずにやってみてくださいね。

アイシャドウはブラウンやベージュなどでグラデーションを作り、自然に幅と奥行の感じられる目元を作りましょう。

アイラインは、上だけでなく下にも入れると、目と頬との距離が短くなるのでおすすめです。ガッツリ黒のアイラインには抵抗があるという方は、茶色のアイラインならナチュラルに見えますよ。

ハイライトの入れ方

鼻筋は入れちゃダメ!
鼻筋は入れちゃダメ!
陰影を付けて小顔に見せることができるハイライトですが、面長さんは鼻筋には入れてはいけません!縦のラインが強調されると余計に面長が目立ってしまいます。目の周りと、顎の先に少し入れれば、十分メリハリがついて小顔効果が期待できますよ!

チークの入れ方

横のラインがポイント
横のラインがポイント
チークは、頬骨よりやや下の方に入れます。あまり高い位置に入れると、頬の範囲が広く見えて、面長が強調されるからです。横のラインを意識して、楕円形に入れます。あまり頬の外側に広がりすぎないようにしましょう。

リップメイクの仕方

ハッキリとしたカラーでオーバー気味に!
ハッキリとしたカラーでオーバー気味に!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
毛穴もテカりも丸ごとスッキリ☆全部1,000円以下!夏のスキンケア特集

毛穴もテカりも丸ごとスッキリ☆全部1,000円以下!夏のスキンケア特集

夏のスキンケアといえば、毛穴、テカり、美白、UV対策、汗やニオイと、ケアしたいポイントがたくさんありますよね。今回は、そういったお悩み解消に役立つプチプラコスメを大特集。化粧水も、美容液も、すべて1,000円以下! 気になるコスメは@cosme shoppingですぐにお買い物できちゃいます。
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ」特集

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ」特集

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
あっという間に小顔になれる!? 丸顔さんのためのメイク方法

あっという間に小顔になれる!? 丸顔さんのためのメイク方法

丸顔さんは、メイクですぐ小顔になれる顔型なんです♪ そのメイクのコツは顔の横幅を狭く見せるだけ。そんなテクニックをベースメイクからポイントメイクまで全てご紹介します!
myunon | 13,442 view
ほんのり色っぽいモテ顔に♡赤が決め手のドファサルメイク

ほんのり色っぽいモテ顔に♡赤が決め手のドファサルメイク

オルチャンチンメイクに飽き足らない女性たちが注目する、ドファサルメイク。アイメイクに赤色を入れて、ほんのりと色っぽさを強調。ポイントを掴んで挑戦してみませんか?
momotan | 13,061 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

eri eri