2016年1月15日 更新

不器用さんもゆるふわヘア!くるりんぱの基本と応用アレンジ

雑誌やネットで見かけるかわいいヘアアレンジ。素敵だけれど毎朝自分でやるとなるとできない!そんな方におすすめなのがくるりんぱ。簡単にできるけれど、ふわっとアレンジすればフェミニンなスタイルが作れます。くるりんぱの基本と応用アレンジをご紹介します。

5,108 view

かわいいヘアアレンジがしたい!でも不器用だし…

今日の髪型どうしよう
髪型は女子にとっては気分を左右させるくらい大切。毎朝どんな髪型にしようか悩みますよね。忙しい朝だからぱぱっと済ませたいけど不器用だし…。でもかわいくしたい♪そんな贅沢なお悩みに対応できるのが「くるりんぱ」。ぶきっちょさんでも叶うなゆるふわアレンジをご紹介します。

ぶっきちょさんでもOK!基本のくるりんぱのやり方

すっかりおなじみになったくるりんぱスタイル。簡単にすぐにできるヘアアレンジなのに、ゴムでひとつ結びするよりもおしゃれにまとまるのがいいですよね。まずは基本のくるりんぱのやり方をご紹介します。
①まずは髪を結いましょう
ゴムを使い髪をゆるめのひとつ結びにし、結び目の上の髪に指をいれるようにして半分に割ります。
②髪の毛をくるっと通すだけ
割ったところに毛束をくるりと通しねじりを作ります。
③ゆるまないように整えましょう
左右にきゅっとひっぱり形を整えれば完成!ひっぱりすぎはNG。

ひとつ結びのくるりんぱを動画で! - YouTube

まだちょっと不安…そんな方は動画をチェックして、ゆっくりと挑戦してくださいね。
くるりんぱをかわいく作るコツは、きちんとまとめすぎないこととボリュームを出すこと!くるりんぱしたときに髪をぎゅっと引っ張りすぎるとぺたんこになって地味なヘアが誕生してしまうので要注意。ふわっと作り上げるのがポイントです。くるりんぱを作るまえにウェーブをかけたり、くるりんぱを作ったあとに髪をつまみ出したりして立体感を出すようにすれば更にかわいくなります。

次はハーフアップのくるりんぱにトライ!

くるりんぱのハーフアップアレンジ
画像を見ながら、先ほどのように挑戦してみましょう!
①通常のハーフアップにしたら、結ったゴムをゆるませ、ゴムの上の髪を半分に割ります。
②毛束を二つに分けた隙間にくるりと通し入れます。
③通した毛束を通し入れたら下から髪を出します。
④左右にきゅっとひっぱります。
⑤結び目をおさえつつ、トップの毛束をつまみ出すようにゆるませます。
⑥バランスを見ながら全体も毛束をゆるませたら完成!

ゴムの部分にバレッタなどのヘアアクセサリーをプラスするとよりかわいく仕上がりますよ♡

基本に慣れたら応用くるりんぱアレンジ

くるりんぱならボブでもかわいいアレンジができる
出典 websta.me
くるりんぱならボブでもかわいいアレンジができる
髪の長さなんて関係ないんです!アレンジを断念していたボブヘアの方もトライできますよ。
ねじってるたばをほぐして
頭の1/3を緩めにひとつ結びして上から下に通してくるりんぱして
うしろで止めるだけ!
あとは緩く巻いてあげればふわふわハーフアップの完成☆
ポニーテールで逆くるりんぱ?
くるりんぱを逆から通す、逆くるりんぱを実践してみてはいかが?
こんなに手の込んだアレンジだって
サイドのかなり下のほうを結び、くるりんぱを繰り返して作るかわいいヘアアレンジ!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
綿菓子みたいな柔かさ♡ 「ゆるふわくるりんぱ」のアレンジまとめ

綿菓子みたいな柔かさ♡ 「ゆるふわくるりんぱ」のアレンジまとめ

アレンジが簡単で、しかもかわいい“くるりんぱ”。いろいろな形に進化を遂げて、アレンジの幅もどんどん拡大中です。口のなかでトロけるフワフワの綿菓子みたいな「ゆるふわくるりんぱ」をご紹介します。
fay | 2,139 view
夏は涼しげな逆くるりんぱ♪ おしゃれ上級者なアレンジにTRY

夏は涼しげな逆くるりんぱ♪ おしゃれ上級者なアレンジにTRY

逆くるりんぱ(逆りんぱ)は、暑い季節のポニーテールやまとめ髪にぴったり! おしゃれで涼しげな逆くるりんぱのやり方や、アレンジしたヘアスタイルをいくつか集めてご紹介します。
Reet | 1,742 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

にじいろ にじいろ