2016年7月4日 更新

ヘアスタイルに悩み中!? だったらベリーショートがおすすめ

ベリーショートって一昔前までは、ボーイッシュっぽい印象がありました。しかし最近では、かわいらしい女子に変身できるオシャレな人の定番スタイルになっているんですよ。

2,099 view

とっても女の子らしく見える「ベリーショート」

自然な感じがかわいい
いままでロングやボブしか経験がない人にとって、ベリーショートはものすごく冒険ですよね! 似合わなかったらどうしよう・・・。と悩んでしまうのは当たり前。でも意外と、ベリーショートで失敗する女子って聞きません。どちらかというと中途半端な長さにした人のほうが失敗していることが多いような。実はベリーショートは、誰でも可愛く変身できちゃう魔法のヘアスタイルです!

爽やか「エアリーショート」

空気感のあるツーブロックベリーショート
女性には珍しいツーブロックスタイルのエアリーなベリーショートです。スタイル全体に空気感がありますが、ツーブロックになっていることでさらにすっきりとした仕上がりになります。
アップバングベリーショート
出典 latte.la
アップバングベリーショート
メンズのようにアップバングにすると、とてもキュートな印象に。潔く顔を出すことで、小顔に見える効果があります。
エアリーマッシュでガーリースタイル
マッシュベースにニュアンス感をプラスしたガーリースタイル。マッシュの丸みはそのままに、トップやサイドに軽い質感を出すことで、スタイリングのしやすさや見た目の軽さを出しています。

落ち着いた雰囲気の「ナチュラルベリーショート」

重ためショートマッシュでモードに
丸みのあるショートマッシュヘア。全体的にボリュームがあるので、落ち着いた印象に仕上がります。
ダウンスタイルでナチュラルベリーショートマッシュ
出典 latte.la
ダウンスタイルでナチュラルベリーショートマッシュ
バングのラインはラウンドしたマッシュベース。ところどころ束感を持たせてあげると、より可愛くスタイリングできます。
チョット短めのツーブロマッシュレイヤー
バングを短めにしたマッシュレイヤースタイル。サイドをツーブロにしているので、横広がりにならずタイトにスタイリングをすることができます。

大人カジュアルな夏の「ベリーショート」

大人可愛いダウンベリーショート
大人の清楚感や清潔感を漂わせるベリーショートスタイルです。スタイリングはかなりシンプルで柔らかめのワックスやクリームでダウンスタイルにするだけです。
タイトベリーショート
バングも短めでコンパクトに仕上げたベリーショート。
可愛らしい大人の耳かけベリーショート
耳にかけることでサイドにしまりができる、大人っぽく、しかも可愛い仕上がりのベリーショートスタイルです。

思い切ったカラーリングにも挑戦するのもおすすめ!

オシャレなシルバーベリーショート
ベリーショートにすると、髪のダメージをそこまで気にする必要がないので、今までやったことのないヘアカラーに挑戦することもできます。
ツートンカラーでツーブロ風ベリーショート
出典 latte.la
ツートンカラーでツーブロ風ベリーショート
アンダーセクションをブラック、そのほかをダブルカラーでハイトーンにすることで、中と外とのトーンの差ができ、ツーブロック風の髪型にすることができます。しまりも出るので、小顔効果も。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
女度アップ! ショートヘア×パーマで弾ける夏を楽しもう

女度アップ! ショートヘア×パーマで弾ける夏を楽しもう

女性の間ではショートヘアがトレンドになる夏。今年はショートヘアを女性らしくパーマにするのが人気なんです。髪を短く切るあなたに、おしゃれなパーマスタイルをご紹介。
Ririingo | 9,850 view
直毛さん注目! 最新パーマで憧れゆるふわヘアにトライしよう

直毛さん注目! 最新パーマで憧れゆるふわヘアにトライしよう

パーマをかけてもすぐ取れてしまう・・・。そんな方にはデジタルパーマやクリープパーマがおすすめ! これらのパーマには形状を記憶する要素があり、普段パーマのかかりにくい方や、すぐ取れてしまうという方にとってもおすすめなんです。
Reet | 18,192 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet