2015年10月2日 更新

このまま一生独身!? 社会人のための「恋人」の作り方

結婚適齢期を迎えているのにフリーな私…一生独身なんて絶対イヤ!そんなあなたのために♥今回は社会人のための「恋人の作り方」をご紹介いたします♪

3,924 view

このままじゃマズイかも…

ワタシ、一生独身!?
出典 500px.com
ワタシ、一生独身!?
ついこの間まで学生だったのに気づけばアラサー!
もしかしたら、両親は自分の年齢で結婚していたという人もなかにはいるかもしれませんね。結婚や出産を希望している場合、それぞれの「適齢期」を考えたうえで行動しないと……。

そう考えると、20代30代はぼ~っとしていられないんです。そこで今回は『ず~っと、このままだったらどうしよう!? 社会人のための「恋人」の作り方』をご紹介いたします♥

朝活やボランティア活動に参加する

誰かのために動いているうちに白馬の王子様が登場♥
今は高収入よりも安定的な男性が大人気。そんな誠実な男子を掴むためには「合コン」は得策とはいえません。同じイベントでも、より中身を磨くものに参加した方が出会いやすいでしょう。なかでも、朝活やボランティア活動は、お互いの価値観に触れる時間もあるので、中身からアリかナシか判断できます。

なかなか一歩を踏み出しにくいかもしれませんが、今はSNSやウェブで参加募集しているところはたくさんあり、初めての人でも歓迎してくれる場所が多いといいます。いきなり一人で参加しづらないなら、同じフリーの友達を誘って、様子をみてみるのもいいでしょう。

恋人と出会える可能性ももちろんありますし、色々なタイプの人と会えるので自分磨きという観点からもオススメです♪

可能性を自らつぶさない

「紹介は嫌なんだよね~!」ってワガママすぎる!
「出逢いがない~」と嘆いておきながらも「紹介はイヤだ」と可能性を自ら閉じてしまう人も意外と多いですよね。しかし、合コンに参加するよりも、親しい友人に紹介してもらった方が価値観や性格の合う人と出逢いやすくなるかもしれませんよ。

できれば友達から恋人へステップアップする流れが理想的ですが、紹介という方法もあるんだ!と覚えておきましょう。いくら行動しても恋が芽生えないなら、友人に「誰か紹介して!」と頼んでみて♥

最初から絶対に付き合わなければいけないと思い込む必要はなく、友達感覚でまずはデートから行ってみましょう!

常連さんになる

店員さんとも仲良くなれるチャンス♥
なかにはカフェに通っているうちに素敵な彼と巡り会えたという人もいます。あなたには、お気に入りのカフェやレストラン、ファーストフードなどがありますか?

もしいくつかあるなら、そのお店の常連になるくらい通い続けてみましょう。何度も何度も通っていくうちに顔見知りの店員さんができたり、自分と同じように通い続けている常連さんとの出逢いがあります。

仕事や勉強、読書をしている姿を誰かがみてくれているかも……♥
まずは、定期的に通ってみて、素敵な人がいたらちょっとずつ距離を縮めてみましょう!

出逢いをなくしているのは自分

可能性は無限大♥
いかがでしたか?

もしかしたら出逢いをなくしているのは自分自身かもしれません。「出逢いがない」と嘆くのではなく、少しずつでも自分からチャンスを作ってみましょう。

途中で疲れてしまったときは焦らず休めばいい話。そうこうしているうちに、頑張る姿を陰ながら見守ってくれていた人がふっと現れるかもしれませんよ♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
「好きな人ができない…」忘れた恋心を再び燃やしてみませんか♡

「好きな人ができない…」忘れた恋心を再び燃やしてみませんか♡

ふと気が付くと長い間恋愛していない。片思いでも好きな人がいたらいいのに、恋に疎遠になっている。興味がないわけではないけれど、好きな人がなかなかできない…。そんな悩みに答えます。
ハットハット | 2,279 view
運命の人に出会う方法とは? 数学者が考える「恋愛の方程式」

運命の人に出会う方法とは? 数学者が考える「恋愛の方程式」

運命の人に出会うためには一体何をすればいいのでしょうか? どこかにいるはずの運命の人との出会いを引き寄せる物とは何なのか調べてみました。
cocotan | 3,607 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Erica Erica