2015年7月2日 更新

飲み会は恋のチャンス!“モテる”振る舞いで彼を振り向かせよう♡

気になる人が職場やサークルなどにいる人は、飲み会がチャンス!彼との距離をぐっと縮めることができるかもしれません。自分の振る舞をちょっと意識するだけで、彼への印象が違ってくるんです♪

2,471 view

彼を落とすのはボディタッチだけじゃない!

気になるあの人に近づくテクニック!
飲み会で男性を落とすテクニックといえば、ボディタッチを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。でも、ボディタッチって隣に座る必要があるし、いきなりはなかなか難しいですよね。そこで、恥ずかしがりやの人でもチャレンジしやすいお近づきテクニックを集めてみました。

彼と話したい…そんな時は座る場所が重要!

席が離れると最後まで話せなかったなんてことも…。
飲み会でのベストポジションは、彼の斜め前です。一見正面がいいように思われがちですが、緊張せず話しやすいのは、「友好の位置」とも言われる斜め前なのです。その後、飲み会が中盤に差し掛かったら彼の隣に移動しましょう。彼がトイレに立った時がチャンス!自分もトイレに行き、話しかけて一緒に戻ってみては?また、彼の座っている付近にお酌に行き、そのまま居座ってしまうというパターンも。お酌をすることで、上司や同僚からの印象もアップと一石二鳥です♪

自分の話は後回し♪彼との会話は聞き手に徹して!

聞き上手は恋愛上手♡
彼に話しかけられた時には、聞き手に徹して彼の話を聞いてあげましょう。自分を大きく見せたいと思うのが男性なので、自分の話をするよりも、彼の話を頷きながら聞いてあげるのが効果的といわれています。彼に「ちゃんと聞いてくれているな」と思ってもらうには、相槌だけでなく、アイコンタクトやおうむ返しも重要です。彼の目を見るのが恥ずかしいという人は、額や鼻のあたりを見るとよいでしょう。

彼以外の話もしっかり聞いておくと後で役立つ♪

退屈な挨拶や自己紹介も彼のためなら楽しく聞けるかも♪
歓送迎会や会社の飲み会では、自己紹介や挨拶が最初に行われることが多いですよね。長い挨拶や自己紹介などは、ついつい聞き流してしまうことが多いのでは?でもしっかり聞いておくことで、後々話題のきっかけになることも。また、どんな相手の話もちゃんと聞いている態度は、彼にとっても好感度アップの振る舞いです。

彼と話す時は特別感を演出しよう♡

心拍数急上昇の上級テクニック!
もしも隣に座ることができれば、彼の方に乗り出すようにして会話をしましょう。もちろんぐっと近い位置に座るのも大切。近距離で接する相手には、無意識のうちに好意をもってしまうというケースが多いようです。また、彼の耳元で話すのも効果的。顔が急接近するので、彼がドキっとすること間違いなしです。

周囲への気遣いはほどほどがちょうどいい!

何ごともやりすぎはマイナス。
料理のとりわけや、空いたお皿の片づけ、料理がこぼれた机を拭くなど、あれもこれも何でも1人でやってしまうのは、かえってマイナスのイメージを与えてしまう可能性があります。やりすぎてしまうと、相手がゆっくり落ち着いて食事を楽しめないということにも。まずは、自分がその場を楽しむことを最優先し、その中で必要最小限の目配りができればOK!グラスの水滴を拭いたり、たばこの火をつけたりなんてことはまるでコンパニオンのような慣れた印象を与えてしまうのでしない方が無難です。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
ゲレンデマジックで恋愛成就♡ 気になる彼のハートを掴む方法

ゲレンデマジックで恋愛成就♡ 気になる彼のハートを掴む方法

ゲレンデマジックという言葉をご存知ですか? 雪山に行くと男性も女性も普段よりもかわいくかっこよく見えてしまうため、カップル成立しやすいのだそう! どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか?
Sato | 269 view
どうにかして振り向かせたい♡ 好きな人と両思いになれる方法

どうにかして振り向かせたい♡ 好きな人と両思いになれる方法

好きな人に振り向いて欲しい! 両想いになりたい! そんな願いが叶うなら、どんなことでもできますよね。どうしたら彼に思いが通じ、両想いになれるのでしょうか?
kanaoi55 | 1,264 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

rmama rmama