2017年1月11日 更新

モテ女=小悪魔?男性をトリコにする女性の仕草やメイク術

あなたの周りにもいませんか?世の男性たちを虜にしちゃうモテ女。私も男性を振り向かせる小悪魔女子になりたい…、なんて思う方必見です。仕草やメイク術で、モテ女になるためにはどうすればいいのかご紹介します♪

25,616 view

小悪魔女子は何でモテるの…?

なれるのであればなりたい?
なぜかいつも男性が途切れない…。あなたの周りにも、そんな女子はいませんか?もしかしたら、小悪魔女子なのかもしれません。小悪魔女子は、男性を夢中にさせるテクニックをたくさん持っています。内面と外見からテクニックを学んで、あなたも今日から小悪魔女子になってみませんか?

小悪魔女子がモテる理由

猫のようなキャラクター
小悪魔女子は、さり気なく、悪気なく、さまざまなテクニックを駆使して男性を振り回します。小悪魔女子の甘え上手でツンデレなテクニックに引っかかってしまった男性は「俺に気があるのかも…?」「守ってあげたい!」と思ってしまうのです。小悪魔女子になるには、男性のツボを理解して行動することが第一歩ですね。

小悪魔女子の行動パターン1「明るい笑顔」

表情が明るい子は、やっぱりかわいい♡
表情が明るい子は、やっぱりかわいい♡
小悪魔女子の第一条件は「聞き上手」なこと。「わかる~、そうだよね」と相手の話に共感を示すことが大事。さらには「すごーい!かっこいいね!」など、男性を褒めるのも効果的。話を聞くだけでなく、適度に質問をすることで「俺に興味があるのかな」と男性に期待を抱かせることができます。その時は必ずよく笑うことがポイントです。明るい笑顔は色んな男性から評判が高いのです。

小悪魔女子の行動パターン2「じっと見つめる」

目線攻撃で焦らしてからのボディタッチで男性はイチコロ♡
目線攻撃で焦らしてからのボディタッチで男性はイチコロ♡
飲み会の席などで隣をキープして、いきなり積極的にボディタッチ…、するのではダメ!これでは小悪魔女子ではなく肉食系女子になってしまいます。最初は適度な距離感を保ちながら、あなたに興味がありますよ♡的な目線だけをチラチラと送ります。すると男性は気になり、あっちから近寄ってくるはずです。その後はこちらからも適度にボディタッチをし、一気に距離を縮めましょう!

小悪魔女子の行動パターン3「甘え上手のツンデレ」

昨日は甘えてきたのに、今日は不機嫌…?
小悪魔女子はとにかく甘え上手!ふたりになった瞬間に甘えてくる…、なんて事をされたら、男性はイチコロです。甘えてばかりではなく、時にはツンとした態度を取ってみると、男性はますます気になります。ちょっと上級テクニックですが、ツンデレをうまく演じられればモテ女への第一歩♪

小悪魔女子の行動パターン4「あえて連絡を無視する」

すぐに返事をしないで相手を不安にさせるテクニック
すぐに返事をしないで相手を不安にさせるテクニック
小悪魔女子は恋の駆け引きが大好き!駆け引きの道具としてよく利用されるのが「メール」や「LINE」ですよね。催促をしてしまうと重い女だと思われてしまうので、返事を急かすのは絶対に避けてください。また男性からの連絡にすぐに返事をしないのも効果的です。今までコンスタントに返信をしていたならなおさら、「あれっ、自分のこと好きじゃないのかな」と焦り始めることでしょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
両思いになれるかも♡相手を好きにさせる心理学7選

両思いになれるかも♡相手を好きにさせる心理学7選

すぐには特別な存在になれなくても、せめて好感をもってもらいたい…。恋愛しているときには誰もがこう考えてしまいますよね。片思い中の人におすすめの、自分を好きにさせる心理学についてまとめました。
sayamimi | 68,104 view
恋を呼び寄せてモテる!「アナログ女子」になる5つのポイント

恋を呼び寄せてモテる!「アナログ女子」になる5つのポイント

今、モテるのは「アナログ女子」なんだそうです! 便利な時代になったからこそ、ちょっと手間がかかるように感じる、でも、少し前までは当たり前だったことができる女性に目が行くんですよね。あなたも男性の心を惹きつけるアナログ女子になって、恋を呼び寄せてみませんか?
サニーサイド | 10,729 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

朝比奈メイサ 朝比奈メイサ