2016年5月19日 更新

ワンカラーのインパクト! 単色アイシャドウの使い方をマスター

アイシャドウは何色か使って立体的に作るメイクが人気。でも、ワンカラーでも同じようなインパクトある目元を作ることができます。質感や使い方で変わる単色アイシャドウの使い方をご紹介します。

ワンカラーでも目元はもっと進化できる

単色でも印象的な目元に
出典 openers.jp
単色でも印象的な目元に
ワンカラーのアイシャドウはカラーも豊富でどれを選ぶか悩んでしまいます。ひとつひとつが魅力的な単色アイシャドウは実際使ったら平坦になってしまわないのでしょうか? ワンカラーでも塗り方やアレンジで深みがある目元を作ることができます。

単色アイシャドウでグラデーションが作れる!?

肌なじみがいい色を選ぶ
単色でもグラデーションが作れるのはご存知でしょうか。肌なじみがいいアイシャドウを指でとって伸ばすのがコツ。まぶたを閉じて黒目あたりの一番高いところに色を置いて、左右にのばします。色がついたら薄くなるように眉尻の方へと指を動かします。

ヴァセリン塗りでツヤ感ある目元に

コスメアレンジに役立つヴァセリン
基本の単色の塗り方は指で使うやり方がおすすめですが、他のアイテムをプラスすることで目元の印象を変えることができます。そのひとつのアイテムがヴァセリン。コスメをアレンジ使用する時にも使えるアイテムで、目元に塗っておくとグロッシーな仕上がりに。

グロスを重ねて質感に変化を!

ディオール / ディオール アディクト グロス「553 プリンセス」

3,400円(税抜)
グロスをアイシャドウの代わりに使うのも新しい質感でおすすめ。グロッシー感が魅力のグロスでツヤを出して輝きをプラス。パールのような輝きで目元に塗っても、きれいに発色してくれます。かわいくフェミニンな印象にしたいならやっぱりピンクがおすすめ。

テクスチャ違いのラメアイシャドウ

ディオール / ディオールショウ フュージョン モノ 「841 ロゼ」

3800円(税抜)
贅沢なラメ感にあふれるアイシャドウ。様々な角度で光を反射し、繊細なニュアンスの目元を演出。ラメアイシャドウは光を味方につけて華やかな印象の目元にしてくれます。ベージュやピンクのように肌なじみがいい明るい色は特に輝きが増してインパクトも大!

マットな質感はクールなメイクに

アディクション / ザ アイシャドウ 「16 Platonic (M) 」

2,160円(税込)
@cosmeのパウダーアイシャドウランキング第1位のアイテム。カラーバリエーションも豊富で人気です。「16 Platonic (M) 」はマットなピンクベージュで目元に清楚な印象を与えてくれます。マットな質感のアイシャドウは自然な影を作ってくれてクールな外国人のようなメイクに使いたい質感。ナチュラルメイクにも活躍する自然なテクスチャです。

華やかで明るいパールのテクスチャ

コスメデコルテ AQ MW アイグロウ ジェム 「BR381」
2,700円(税抜)
ラメより上品で落ち着いたニュアンスなのがパールのアイシャドウ。光をうまく利用しながら、派手にならない大人のメイクにおすすめのテクスチャです。

単色アイシャドウの可能性を引き出してみて

すっきり!でも立体
単色アイシャドウの魅力はパレットアイシャドウにも負けません。テクスチャや裏ワザを使って、自分らしい目元を作ってみましょう。ワンカラーの自分色を見つけて、すてきなアイメイクをしてみてくださいね。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
その輝きに気分も上がる! ラメがきらめく夏メイク☆

その輝きに気分も上がる! ラメがきらめく夏メイク☆

太陽やライトに照らされたときに明るくツヤめいて見える。そんな表情が叶うのは、ラメを取り入れたメイク。普段使いにはもちろん、屋外のレジャーやイベントにおすすめのラメメイクをご紹介します。
大人のツヤ感が大事♡春メイクはポイントでキラキラを演出する

大人のツヤ感が大事♡春メイクはポイントでキラキラを演出する

今年の春メイクのポイントは「キラキラ」。 でも子供っぽくならないキラキラ感が大人には必要。そこで今回は、キラキラメイクにおすすめなアイテムと、うるおいを感じられるメイク方法をまとめました♡

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Pheme Pheme