2016年3月23日 更新

伸びのよさを味方に! リキッドコンシーラーを使いこなそう

シミやクマなどを隠して、肌のキレイ感を高めてくれるコンシーラー。色々なタイプがある中で、伸びがよいリキッドコンシーラーを使いこなせば、あなたも肌美人に!

1,615 view

ベースメイクでのコンシーラーの役割とは?

肌をフラットに、スムースに見せるコンシーラー
すっぴん風ベースメイクのトレンドを支える、薄づきファンデーションに注目が集まるなか、コンシーラーの活躍も以前より高まっています。それは、コンシーラーにはシミやクマ、肌の色ムラなどを隠すためのコスメだからです。ファンデーションは出来る限り薄くして気になる部分をコンシーラーでカバーする、これが“いま”の美肌のルールです!

コンシーラーにはどんな種類があるの?

コンシーラーには様々なテクスチャーが
コンシーラーには固形、クリーム、リキッドなどがあります。固形は筆でつけたり、ペンシル型になっていてピンポイントで気になる部分につけられるのがメリット。クリームはもう少し柔らかいテクスチャーなので、コンシーラーがよれやすい人におすすめ。リキッドは塗りやすく、広範囲にカバーしたい部分に向いています。

リキッドコンシーラーのここが魅力!

柔らかく伸ばしやすいリキッドコンシーラー
出典 godmake.me
柔らかく伸ばしやすいリキッドコンシーラー
テクスチャーが一番ゆるいので、広範囲に広げて使えるのがリキッドコンシーラー。伸ばしやすいため目の下など皮膚の薄い部分にもよく、クマ隠しに向いています。ほうれい線などに塗って肌のギャップを目立ちにくくできるのも、リキッドならでは。薄づきで口元にも適しているので、色ムラやくすみカバーにもどうぞ。

リキッドコンシーラーはいつつければいいの?

リキッドコンシーラーをつけるタイミング
リキッドコンシーラーは、ベースメイクのどの時点でつけたらよいのでしょう? それはファンデーションの種類によって異なり、リキッドファンデーションの場合はファンデーションの後につけ、パウダーで仕上げます。パウダーファンデーションなら、ファンデーションの前につけるのが適しています。

リキッドコンシーラーの選び方

リキッドコンシーラー選びは肌質を知ることから
リキッドコンシーラーの選ぶには、まずは自分の肌質を知ることから始めましょう。オイリー肌の人はTゾーンのコンシーラーやファンデーションが崩れやすいので、オイル分が感じられるタイプより、ジェルタイプやウォーターベースがおすすめ。反対に乾燥肌の人は、ややこっくりした質のものをつけてもOKです。

おすすめのメリキッドコンシーラー

ポール & ジョー ボーテ / コンシーラー ペン

2,600円(税抜)
フィット感が高く、美容成分が潤いを与えてくれるペンタイプのコンシーラー。高いカバー力でクマをカバーしながら、自然な仕上がりを実現。毛穴やくすみもカバーしてキメも整え、美しい仕上がりをキープします。
mfc / リクイドコンシーラー
890円(税抜)
保湿成分が肌を守り、クマ・シミ・ニキビあとなどをカバーするリキッドコンシーラー。斜めカットのチップが細かい部分にも、広い部分にも使いやすく、しっかりカバーします。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
流行りは「カラーレス」! ベージュチークで大人っぽ顔を作る

流行りは「カラーレス」! ベージュチークで大人っぽ顔を作る

流行に敏感な女子の新しいメイクのトレンドと言ったらカラーレスメイク。今回はそんなカラーレスメイクのチークにヒューチャーしてみました。大人っぽさを出したいなら要チェックです!
mayu♡ | 17,391 view
トレンドのすっぴん風メイクでナチュラル美人を作る方法

トレンドのすっぴん風メイクでナチュラル美人を作る方法

ナチュラルな透明感あふれるすっぴん風メイクは、女性なら誰しも憧れるもの。でも「ちょっと難しそうだな」なんて思ってはいませんか? 実はいくつかのポイントを抑えるだけで簡単に作ることができるんです。今回は基本的な美肌ケアから各パーツのメイク方法、すっぴん風メイクにおすすめの商品までをご紹介いたします。
naoomi | 11,962 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

momotan momotan