2017年1月12日 更新

トレンドはマットな口紅♡ ふわふわマシュマロリップの作り方

今どきリップメイクはマット感がカナメ。最旬を狙うなら、うるツヤのぷるぷるリップよりも、ふわふわした柔らかそうなマシュマロリップに挑戦してみましょう。トレンドのマットリップとその塗り方をご紹介します!

46,177 view

マシュマロのような質感がかわいい、マットリップが人気上昇中!

ふわふわ、すべすべのマットリップ
レトロなヴィンテージ感と、上品でレディライクな雰囲気とを同時に手に入れることができるマットリップ。はっきりとした発色のリップメイクには不慣れな方は苦手意識があるかもしれません。でも、手順さえ押さえれば意外と簡単キレイにメイクできて、旬顔にイメチェンできます。

マットリップの魅力とは?

柔らかそうで触れたくなる
思わず触れたくなってしまいそうな、ふっくらとしたマットリップ。柔らかそうでボリューミィな質感が魅力です。
シルクベルベット質の高級感が出せる
唇の表面を、キメ細かく演出できて上品な仕上がり。シルクベルベットのような滑らかな質感で高級感も漂います。
トレンド感のあるレディヴィンテージライクな洋服にぴったり
レトロっぽいニュアンスのある装いがトレンドに。マットリップはそんなレディライクな着こなしにしっくりきます。

マットリップをきれいに仕上げるには?

マットリップをきれいに塗るためのコツは、主に二つあります。一つは、リップメイクの最初の段階でしっかりと唇の色を消しておくこと。もう一つは、リップライナーを使って丁寧に描いていくことです。リップライナーの使い方は、2種類ご紹介します。
ヌーディーメイクしたあとにリップメイク
マットリップをきれいにメイクするには、唇の上にもファンデやコンシーラーを乗せて、自分自身のリップカラーを極力おさえておくことが大切です。
上下を囲んでつくるリップ
・リップライナーで、上唇の山になっている部分と、下唇の底ラインをまず描きます。
・リップライン全体を囲んで、内側を埋めていきます。
・パウダーでおさえて、定着させてから、リップスティックで塗ります。
立体的なリップメイク
・唇の輪郭をシンプルに描いたのち、上唇の下側にシャドウを入れるような間隔でラインを入れます。
・下唇の中央にもラインを一つ入れます。
・最後に全体を塗りつぶしていきます。

おすすめのマットリップをまとめてご紹介

メイベリン ニューヨーク / カラーセンショーナルリップ ロージーマットコレクション

1,200円
メイベリンのカラーセンショーナルリップは、マットだけれど表面はツルっとした質感。発色もよく、ひと塗りするだけで十分にボリュームあるキレイなリップに仕上がります。
ふっくらとしたボリューム
マットなのにクリーミー。優しくフェミニンな口元を演出できます。
(ゆりこみんさんの投稿写真)
昔からセミマットなリップが欲しかったんですが、デパコスくらいしかなくてチャレンジできずにいたので、プチプラで買えて嬉しいです!

レブロン / ウルトラ HD マット リップカラー

1,500円
レブロンのウルトラHDマットリップカラーは、高発色のキレイな色味が特徴。ベルベットのような滑らかな付け心地です。
008 フラーテーション
発色の良さがなんと言っても魅力!
(.sora.さんの投稿写真)

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
今どき赤リップは質感重視。うるツヤ・マット、好みはどっち?

今どき赤リップは質感重視。うるツヤ・マット、好みはどっち?

女子力高めにメイクを仕上げたいなら赤リップで上品かつフェミニンにするのがおすすめ。でも、同じ色でもうるツヤだったりマットだったりと質感によって印象が変わるもの。そこでタイプ別に特徴とおすすめアイテムをご紹介していきます。
hana* | 6,992 view
おしゃれ女子注目♡ ぽんぽんリップで色っぽ唇を手に入れよう♪

おしゃれ女子注目♡ ぽんぽんリップで色っぽ唇を手に入れよう♪

話題の口紅「ぽんぽんリップ」。新感覚のつけ方だからこそ叶えられる色気ある大人の唇。今回は、人気のぽんぽんリップを4選ご紹介したいと思います。あなたに似合うぽんぽんリップを見つけて、色っぽ唇を手に入れちゃおう!
yummy | 19,153 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

fay fay