2016年9月9日 更新

なかなか考えもの。ワンルームで同棲するメリット&デメリット

「同棲」と聞くと、「幸せ」「楽しい」というイメージが思い浮かびますよね。でも実際に待っているのは現実の生活。ここでは、彼とワンルームで同棲するメリットとデメリットをまとめてみました。

彼とワンルームで同棲! でもその前に・・・

楽しいことのイメージだらけ・・・
彼としばらく付き合っていると、「同棲」の話になることも少なくないかも知れません。大好きな彼と一緒に住めるなんて、とっても幸せな気持ちになりますよね。でもちょっと待って! 同棲を始めるとき、特にワンルームの場合は気を付けなければならないこともあるんです。

同棲のメリット1 家賃が安く済む

浮いたお金で彼と旅行に行けるかも!?
生活費の中で、家賃は大きな負担となります。ときには実家暮らしの友人をうらやましく思ってしまうこともあるかもしれませんね。2人が一人暮らしであれば、同棲して家賃を折半したらどうでしょうか? きちんとお金の管理をすれば、浮いたお金を結婚資金に回したり、彼と旅行に行くなど余裕が出てきますよね。

同棲のメリット2 男性がいると心強い

家に男性がいると安心感が違います
女性の一人暮らしの場合、ベランダに洗濯物を干すのを躊躇したり、深夜の帰宅が怖くなってしまうこともありますよね。でも、男性がいれば心強いのではないでしょうか? また、何か悩みを抱えている時や体調が悪い時は、彼がいるだけでもホッとしますよね。

同棲のメリット3 隠し事がしずらい

同棲すると浮気の心配がなくなる!?
別々に暮らしている時は、会えない時間に彼が何をしているのか気になってしまいますよね。もし彼にそっけない態度をとられたら「 もしかして浮気!? 」なんて心配になってしまう人もいるでしょう。。でも、もし一緒に暮らしていれば隠し事が難しくなるので安心感が増すかもしれません。

同棲のデメリット1 ワンルームだとプライベートがない

プラーベートがないとイライラしがち。。
もしワンルームで同棲した場合、プライベートな空間の確保が難しくなります。また、収納が足りなくて整理がつかなくなってしまうことも・・・。ストレスが溜まってケンカになる前に、各自のテリトリーを確保したり収納用具を追加するなどの注意が必要です。
心理学で言う『パーソナルスペース』でも、最も近いとされる『密接距離』においても、男性の方が女性より広いと言われています。そのため、女性が心地よいと思える“ぴったりくっつく”距離ばかりでなく、男性が心地よいと思える“15cm”のわずかな感覚を持つことなどを心掛けてみると、お互いを尊重し、長く楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

同棲のデメリット2 ときめきが薄れる

ときめきを失わないように♡
付き合ったばかりの頃はお互いに相手のよいところしか見えなかったけれど、同棲してみたらボロが出てきた、というのはよくある話。家の中がぐちゃぐちゃだったり、だらしない格好で寝ていたりするとドキドキ感もなくなってしまいますよね。ワンルームの場合はなおさらです。そうならない為にも、お互いに最低限のケジメやマナーを守って生活することが大切です。
朝起きてから寝るまでの日常をともにするようになると、ふたりの間にはこれまでなかった「家族」意識が芽生えます。
状態としては一歩親しくなるわけですが、残念ながらドキドキする感情は反比例して減少していくことでしょう。

遅かれ早かれ長い付き合いになると新鮮さが失われ、次第にときめきは減ってしまうものですが、同棲することで相手の「未知な部分」が一気に少なくなるため、緊張感がなくなる側面も。

同棲のデメリット3 ケンカをしても逃げられない

同棲している彼とケンカをすると大変
別々に生活している時は、デートでケンカをしてしまっても帰宅後にクールダウンすることができます。お互い一人で冷静になることで、仲直りのきっかけになるかもしれません。しかし、同棲しているとそうは行きません。なので、同棲前にケンカにならないようなルール作りをすると良いかもしれません。

仲良しをキープするコツ1 感謝の気持ちを忘れない

「ありがとう」を忘れないことが大切
一緒に生活していると、感謝の気持ちが薄れがち。例えば家事を2人で分担していても、相手がやってくれたら「ありがとう」という言葉を忘れないようにすることが大切です。お互いに気遣うことで、良い関係が続きます。
仲良く暮らす以上、できるだけ愛情をもって許容したいところですが、あなたと彼が「母親と息子」のような関係に変化するのだけは避けたいところ。
「親しき仲にも礼儀あり」な関係でいるためには努力も必要です。感謝がワンセットになっていない甘えには、毅然と接して。

仲良しをキープするコツ2 2人で楽しむ時間を作る

たまには楽しく過ごしてマンネリ化を防ごう!
毎日一緒に生活していると、どうしてもマンネリ化してしまいます。最近、デートしてないな・・・なんてふと気が付くかもしれません。ダラダラと過ごさないためにも、時には2人でお酒を飲んだり外出して楽しい時間を過ごすと良いでしょう。
デートする際、出発地点を二人の「家」にしていませんか? これ全くドキドキしないですよね。お互い別々に住んでいた時のように外であえて待ち合わせすること。いつもと違う待ち合わせをするだけで新鮮な気持ちに戻れます。特に平日、仕事終わりに待ち合わせすると無理なくチャレンジできます。もう帰らないといけないのかぁ、名残惜しいな、って思っていたあの気持ちがよみがえるはず。

仲良しをキープするコツ3 生活リズムを合わせる

生活リズムを合わせてお互い快適に
一緒に生活するうえで、生活リズムのズレはストレスの原因になります。もし、夜更かし等の習慣がある場合は改めるようにする方がよいでしょう。どちらかが残業などでやむを得ない場合や休みのスケジュールが合わない場合は、一緒に生活するなかでも気遣いを忘れずに過ごしましょう。
この記事では、ワンルームで同棲する時のメリット・デメリット、仲良しをキープするコツについてお伝えしました。よいことばかりではなく、気を付けなければならないことにも目を向けてくださいね。本来、彼との理解を深めたり結婚資金の準備の為に行う同棲。幸せな同棲生活を送るためにも、お互いを気遣いながら生活することが大切ですよね。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
同棲カップルに告ぐ!彼氏とケンカしないで仲良く暮らすコツ

同棲カップルに告ぐ!彼氏とケンカしないで仲良く暮らすコツ

どんなにラブラブだった彼氏とも、いざ同棲を始めると今までになかったケンカが増えてきます。無用のケンカを避け、新鮮さを保ちつつ、ずっと仲良く暮らせる方法をみていきましょう。
1度立ち止まって考えてみる。恋愛に疲れたときの対処法7選

1度立ち止まって考えてみる。恋愛に疲れたときの対処法7選

頑張らなければ一緒にいられない相手といることは、はたしてあなたにとっての本当の幸せなのでしょうか? そんなときにふと読みたくなる、恋愛に疲れた時の対処法を7つお伝えします。

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

ユサ179 ユサ179