2017年2月15日 更新

日本初形状のアイブロウペンシル!?「まほうの眉えんぴつ」って何?

2015年12月に発売された「まほうの眉えんぴつ」は不思議な力を持っているらしい…。今までのアイブロウペンシルにはなかったうれしい“まほう”の数々とはどんな機能なのでしょうか。そんな眉えんぴつの秘密に迫ります。

21,336 view

まほうがつまった眉えんぴつが登場!

2015年12月7日に、日本初形状のアイブロウペンシルが発売されました。その名は「まほうの眉えんぴつ」。たくさんの“まほう”がつまった眉えんぴつは、色んな眉のお悩みを解決してくれるアイテムとして評判を呼んでいます。一体どんな商品なのでしょうか?発売したばかりでまだあまり知られていないこのアイテムについてご紹介します。

ポイントはナナメ芯

えんぴつ削りも付属
( げちゃぽさんの投稿写真)
まほうの眉えんぴつのポイントはその形状。パッと見は普通の眉えんぴつですが、よく見ると芯がナナメになっています。これは偶然ではなく、ナナメに削られているんです。この形がまほうのひとつ。専用のえんぴつ削りも一緒に付いています。このペンが描く眉のまほうとはどんなものでしょうか。

タッチの切り替え

タッチの切り替えで変化をつけられる
( お気楽ごまちゃんさんの投稿写真)
まずこの形状のメリットは、タッチを切り替えることで変化をつけられること。寝かせて描くか立てて描くかの違いだけで、パウダー風とシャープなペンシル風に使えます。色は日本人の肌に合う色「ビターショコラ」「ハニーベージュ」の2色で展開されています。

皮脂と反応する機能

発色は皮脂で変わる!?
(jisきくこさんの投稿写真)
えんぴつの芯はやや硬めですが、なんと皮脂に反応してふんわりとした質感になります。やさしい発色なので自然に眉を描け、皮脂と反応して馴染む眉メイクは一日中持続します。また軸も手にすっぽり収まるので描きやすさも抜群です。

基本の眉の描き方

基本の眉の描き方
1. 基本の並行眉はまず、眉尻の部分をペン先を立てて描きます。
2. 次に眉頭から眉尻に向かって、まほうの眉えんぴつを寝かせて眉の色をのせていきます。余計な部分は眉ハサミでカットします。
(しょうまろさんの投稿写真)

いろんな悩みに対応!

眉毛のタイプは人それぞれ
(げちゃぽさんの投稿写真)
眉毛には、薄さや濃さ、毛の量や形と様々なコンプレックスを持つ人はたくさんいます。ナナメ芯のおかげで、それぞれの悩みに合わせた眉メイクが実現。眉の特徴によって、えんぴつを立てて描いたり寝かせて描いたりしてうまく使い分けましょう。

♦濃い眉や細眉、そしてゲジ眉の場合
眉尻の部分はえんぴつを立てて描き、他の部分は寝かせて書きます。

♦薄眉やまだら眉の場合
眉の真ん中のみ立てて描きます。描いていく順番や描き方にも注意して、自然な眉に仕上げましょう。
こんな機能がつまった眉ペンシルならぜひ試してみたいと思いませんか?お手頃な価格で手に入るので、見つけたらぜひ手にとってみてくださいね。きっとあなたにもまほうの眉えんぴつの不思議な力が使えますよ♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
秋の新作☆ 機能にコダワリのある個性派「眉マスカラ」4選

秋の新作☆ 機能にコダワリのある個性派「眉マスカラ」4選

今秋発売された眉マスカラは、オリジナリティあふれる新機能がついたものが続々登場♪ その中でも、トレンドのストレート太眉がナチュラルに描けるものをピックアップ。眉マスカラの使い方も必見です。
yummy | 5,707 view
美しくナチュラルな眉は「アイブロウパウダー」で手に入れよう!

美しくナチュラルな眉は「アイブロウパウダー」で手に入れよう!

ナチュラルな眉毛は女性らしい印象を与えて、顔の印象を大きく変えてくれます。そんなふんわりとしたナチュラル眉毛に欠かせないのは「アイブロウパウダー」。今回は詳しくご紹介していきます。
Reet | 12,939 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Pheme Pheme