2016年5月25日 更新

つり目を解消♡ やさしい目元を作るメイクテクニック♪

つり目に悩んでいる人は必見!きつい目元をやさしくソフトな印象にしてくれるメイクテクニックをご紹介します。きつく見えることもある目もとを和らげるためのメイク方法とは?

4,599 view

やさわらかな目元へと導く

目元のメイクテクニックとは?
出典 m3q.jp
目元のメイクテクニックとは?
キツ目で悩んでいる人は必見!キツイ印象に見られてしまいがちなつり目の人でもやさしい目元が演出できるメイク方法があるんです♪キツ目を解消するには、どんな点に注意してメイクしていけば良いのでしょうか。早速コツをチェックしてみましょう。

どうしてキツい目に見られてしまうの?

クールな目元
クールな印象で爽やかにも見えるつり目ですが、平行線で見ると目頭よりも目尻の位置が高いため、目全体がつりあがって見えてしまいキツい印象を与えてしまいがちです。また、細くしすぎたり、眉尻に向かって一直線に描いた眉毛が原因でキツい印象になることもあるので、それを解消するうえでは眉毛のメイクもとても重要です。アイメイクと眉毛の描き方でやさしい目元を作る方法をみていきましょう。

アイシャドウの使い方

下まぶたに自然な影を
たれ目に見えるようなメイクをすることで、つり目を解消する方法をご紹介します。ポイントとしては、まぶたにあまり濃い色をのせすぎないこと。

①アイホール全体に明るめのカラーを薄く伸ばします。
②A-bのラインに少し濃いめのカラーを二重の幅の半分ほど入れましょう。
③下まぶたにはアイホールと同じ明るめのカラーを全体に入れて涙袋を作ります。
④目尻1/5に、濃いアイシャドーまっすぐのラインになるように入れ、目尻1/3にチップで重ねるようにしてぼかしてあげましょう。

猫目のアイラインで

つり目を生かして♪
つり目を生かした猫目のアイラインを引いてあげることで、印象的な目元になります。アイライナーはリキッドタイプがおすすめ。まぶたの際全体に、アイライナーでラインを入れたら、目尻から2~3mmアイラインをはみ出して跳ねあげるようにして描きましょう。ラインをブラウン系のアイシャドウでぼかし、キツ過ぎない印象に。下まぶた1/3に濃いめのアイシャドウをぼかし入れると、たれ目風に。ぼかし猫目で強さの中にもやさしさのある目元を演出できます。

たっぷりまつ毛でつり目を解消!

まつ毛で目力アップ!
マスカラでしっかりとまつ毛を強調することによって、目力がアップするのでつり目やキツイ印象の目元を解消することができます。まつ毛の根元にしっかりとマスカラを埋めていくことがポイント。マスカラのブラシをまつ毛の根元に数秒間押し当てたら、根元にしっかりとマスカラをのせながらカールアップさせましょう。その後、再度ブラシをジグザグに動かしながらマスカラをつけたしてあげることでボリューミーなまつ毛に。下まつ毛にも同じようにつけてあげましょう。

太眉で解消!

ふんわり目元に
つり目のバランスを取ってくれる眉毛を太めに描くことでキツイ印象を解消し、ふんわりとした女性らしいやさしい目元に。眉に太さを出すときは、眉の下をメインにして描き足してあげましょう。目頭から目尻までを自然な直線で描くことでやさしい太眉に。まずはパウダーで眉毛のムラを埋めてから、ペンシルでラインを描き足してあげるとナチュラルに仕上がります。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
肌も目元もキレイをキープ! 暑い季節も崩れにくいメイク方法

肌も目元もキレイをキープ! 暑い季節も崩れにくいメイク方法

暑くなると皮脂や汗によるメイク崩れが普段よりも気になってしまいますよね・・・。これから本格的な夏がやってくる前に、崩れにくいメイク方法をマスターして悩みを解消させませんか? 今すぐチェックしてみましょう。
枝豆はなこ | 12,290 view
あっという間に小顔になれる!? 丸顔さんのためのメイク方法

あっという間に小顔になれる!? 丸顔さんのためのメイク方法

丸顔さんは、メイクですぐ小顔になれる顔型なんです♪ そのメイクのコツは顔の横幅を狭く見せるだけ。そんなテクニックをベースメイクからポイントメイクまで全てご紹介します!
myunon | 11,975 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

yummy yummy