2016年9月12日 更新

ふんわりナチュラル! アイブロウパウダーで美人眉を作ろう!

ふんわりとしたナチュラルな美人眉を描きたいならおすすめなのがアイシャドウパウダー。そこでアイシャドウパウダーの正しい使い方と、おすすめのアイシャドウパウダーを紹介したいと思います。

5,396 view

ナチュラルな美人眉はアイブロウパウダーで作ろう!

流行りのナチュラル眉
眉のメイクには流行り廃りがありますが、近ごろのトレンドはふんわりとした雰囲気のナチュラル眉。でもこれ、意外にきれいに仕上げるのが難しかったりします。そんな時におすすめのコスメアイテムがアイブロウパウダー! アイブロウパウダーを上手に使ってお手軽に美人眉を作っちゃいましょう!

そもそもアイブロウパウダーってどんなアイテム?

ぼかして、ふんわり
アイブロウパウダーは、アイシャドウのようなパウダー状の製品で、ブラシを使って眉を描いていきます。色のグラデーションがつけやすくまたあとからぼやかすことができるので、ナチュラルで立体的な眉を作ることができます。眉毛が薄い方や、優しい雰囲気のお化粧をしたい方には特におすすめのアイテムです!

アイブロウパウダーの上手な使い方!

眉毛のキレイな描き方 lesson-2(アイブロウの描き方 パウダー編)

まずは眉山の位置を決めましょう。ナチュラルメイクの場合は本来の眉山の位置をあまり変えないことがポイント。目安としては、黒目の外側のまっすぐ上あたりです。ブラシはまず眉山から眉尻に動かし、その後眉山から眉頭に向かって動かします。眉頭から眉尻に向かうにつれ、濃いめのカラーを用いるようにするのがコツです。

立体的な美人眉が簡単に作れるアイブロウパウダー

ケイト / デザイニングアイブロウN

1,296(税込)
アイブロウ用ブラシとノーズシャドウ用ブラシ付のアイブロウパウダー。三色のグラーデーションカラーでナチュラルで立体的な眉を演出することができます。
ずっと眉毛が上手く描けないのが悩みでした。
何故か眉はペンシルで書くものと思っていて、パウダーなんてすぐ落ちそうだし…と嫌煙していた自分を怒りたいです。笑

本当に描きやすい!!
どんなに下手な人でもすっと綺麗に描ける。
ブラシが良いのかなぁ?
どれだけ使ってもパウダーも減らなくてコスパ◎
ノーズシャドウにも使えて最高です。
使うのにコツがいるかな、と思っていましたが、基本3ステップで楽々です!

1. 真ん中のカラーで、眉下に平行に陰を引く。
2. 上・真ん中を合わせ、眉の形を作りながら眉の隙間を埋めていく。眉頭も整える。
3. 下のカラーで眉頭から鼻に向けて、縦にノーズシャドウを引く。
今年の眉もこのパレットがあればOK♪
@cosmeベストコスメ大賞 殿堂入りを果たしているケイトのアイブロウは、今年の秋冬も大活躍間違いなし! まだまだナチュ眉ブームは続きます♪

ふわっとニュアンスのアイブロウパウダー

AC MAKEUP(エーシーメイクアップ) / AC アイブロウ パウダー

108(税込)
肌なじみの良い濃淡2色のアイブロウパウダーです。パウダーをぼかして使うことでよりふんわりとした雰囲気の優しい眉を描くことができます。コストパフォーマンスの高いアイテムです!
個人的にはドラッグストアのものよりこちらが好みです。
アッシュっぽい色合いと粉も割と柔らかいので、描きやすく気に入っています。

夜まで安心!長持ちアイブロウパウダー

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
パウダーアイブロウで、ワンランク上の眉メイクを目指そう♡

パウダーアイブロウで、ワンランク上の眉メイクを目指そう♡

眉メイクをアイブロウペンシルで済ませていませんか? アイブロウパウダーなら微妙なニュアンスを付けられるので、ワンランク上の仕上がりになるんですよ。
Reet | 6,045 view
ふわっとナチュラル眉はアイブロウマスカラで♡ 垢抜け眉メイク

ふわっとナチュラル眉はアイブロウマスカラで♡ 垢抜け眉メイク

「アイブロウがなぜか不自然」「垢抜けた印象にならない」そんなお悩みはありませんか?ふわっとナチュラルなアイブロウを作るには、アイブロウマスカラが必須です。ナチュラル眉の作り方・おすすめのアイテムをまとめてご紹介します。
honami | 6,406 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

松田くも 松田くも