2016年7月29日 更新

いつもの眉メイクに+α! 垢抜け眉になるためのHOW TO

いつもの眉メイクでもいいんだけど、どうも垢抜けない・・・。そんなお悩みはちょい足しテクで解決しましょう♪ プラスアルファするだけの簡単テクで今風垢抜けメイクのでき上がり。

27,055 view

その人の印象を大きく変えるパーツ「眉」

変えたのは眉毛だけなのに別人のようですよね!
特に何かが変だというわけではないけど、垢抜けない感じがする・・・。そんな悩みを持つ人は案外多いものです。メイクを濃くしたりチークの色を変えたりしてもなんだか違うという時は、眉メイクを変えてみてはいかが? いつものメイクにちょい足しするだけで簡単に垢抜けられる、そんな魔法の様なテクを集めてみました。

カラーアイブロウベースで即効垢抜け効果を狙う!

大人かわいい自分を作る
赤やオレンジなどのカラーベースが一緒になったアイブロウパレットは、いろんな色味が作れるから、眉の色を変えたりする必要がないのでおすすめ!
使い方はとっても簡単! 眉メイク前にカラーを仕込むだけ
カラーアイブロウベースは、普段の眉メイクの前に眉に色を付けるだけ。色を付けると言っても眉毛を描く部分にひと塗りするだけでOKなんです。筆でふんわり仕上げるのが◎。

イプサ / アイブロウ クリエイティブパレット

4,536(税込)
垢抜けた眉メイクをこれ一つでコンプリートできる、持っていて損のないアイブロウコンパクトです。トレンドのプラム系レッドやオレンジのパウダーもセットなのも嬉しいですよね!
いろいろな表情が作れる
ブラウン系はナチュラル、オレンジは明るく華やか、レッドは意外とクールな印象です。

オレンジ系のチークカラーでおフェロ顔

夏に似合うフレッシュなカラー
ビタミンカラーのオレンジは、眉メイクに使うとおしゃれ感がでます。
アイブロウベースの工程と逆なのが眉チーク
オレンジのチークを使って垢抜け眉を作るには、いつものように眉メイクをしたらラインに沿って上からチークをのせるだけ。ブラウンカラーと相性も良く、初めてでも取り入れやすいんです。

キャンメイク / パウダーチークス「ネーブルオレンジ☆」

594(税込)
プチプラなのでお試しでやってみたい人にもおすすめ。普段のチークもこれに変えれば、メイクに統一感が生まれてキリッと締まりますよ。ぜひお試しを♪
眉の青味もカバーできるんですね! 垢抜けた感じになれます。

眉毛×コンシーラーで脱・のり眉毛

コンシーラーを眉毛に使うとあら不思議!
肌のカラーを統一するために使うコンシーラー。まさか眉毛に使うなんて想像しませんよね? 実は垢抜け眉を作るのに一番手っ取り早い方法かもしれません。
特別なテクニックは必要なし! 時間がない時にも◎
自分の眉毛を軽く消すようにコンシーラーを眉にのせ、その後に普通に眉メイクすればOK! こうすることで自眉が主張しすぎずほどよい垢抜け感を演出することができます。

ハーバー / パーフェクトカバーコンシーラー

2,000(税抜)
ハーバーのパーフェクトカバーコンシーラーは筆タイプで不器用さんでも扱いやすくなってます。毛の流れに沿うように塗り、指でトントンとなじませてから普段通りの眉メイクを。
使いやすそうな筆先
ダイヤルを回すと筆先に液がじゅわっとでてきます。最初は出しすぎ注意です。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
コツさえ覚えればあなたも旬顔になれる! 美人眉の作り方♡

コツさえ覚えればあなたも旬顔になれる! 美人眉の作り方♡

今年のトレンド眉は太めのストレートアーチ眉。眉毛を変えるだけで、顔の印象がガラっと変わり垢抜けて見えます。そこで今回は、誰でも旬な顔になれちゃう『美人眉』の作り方をご紹介します! クチコミでも大人気のアイブロウも一緒にチェックしてみましょう♪
yummy | 18,354 view
秋の新作☆ 機能にコダワリのある個性派「眉マスカラ」4選

秋の新作☆ 機能にコダワリのある個性派「眉マスカラ」4選

今秋発売された眉マスカラは、オリジナリティあふれる新機能がついたものが続々登場♪ その中でも、トレンドのストレート太眉がナチュラルに描けるものをピックアップ。眉マスカラの使い方も必見です。
yummy | 5,263 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

mayu♡ mayu♡