2017年1月5日 更新

100均なのに高クオリティ。即買い決定のネイルアイテム5選

高クオリティすぎて話題な「100均」アイテム。セルフネイル用のアイテムも100円で充分かわいいものを手に入れることができます。セルフネイル派ならマストハブなアイテムをご紹介します。

13,609 view

最近の100均ネイルはすごい!

セルフネイルが楽しくなる
最近100均のクオリティの高さが話題となっています。ネイルアイテムも例外ではありません。100均のネイルポリッシュを使うと、セルフネイルの幅が広がります! 今回はその100均のネイルポリッシュの中から特におすすめのものを5点ご紹介いたします!

1. ビーチ&大理石を再現♪ キャンドゥの「サンドジェムネイル」

全6色の大理石ネイル
キャンドゥーのサンドジェムネイルは砂浜のようなデザインのネイルができるポリッシュです。カラバリはネオン、ローズ、ピーチ、アイス、ライラック、グリズリーの全6色。
一番人気のアイスカラー
パステルブルーがかわいい「アイスカラー」は一番の人気です。夏らしい爽やかな色味が人気の秘訣です。
ピーチカラーは大理石&砂浜ネイル
ピーチカラーは大理石のような指先になれると人気の色です。また、夏らしいビーチ風ネイルをするにもぴったり!

2. トレンドネイルを実現! キャンドゥの「リキュールネイル」

トレンドネイルの必須アイテム
トレンドのネイルデザインをするなら必須アイテムな「リキュールネイル」。例えば流行りのチークネイル、グラデーションネイル、塗りかけネイル、水彩画ネイルなどが再現しやすいアイテムです。さらりとした使い心地も人気の秘訣です。
(奈緒乃@アリスのうさぎさんの投稿写真)
水彩画ネイル
色付きの透明感が特徴的な「リキュールネイル」は、同系色を重ねることにより水彩画っぽいネイルができます。
透け感を利用したチェック
透け感のあるネイルポリッシュは重ね付けがマストになりますが、あえて透け感を生かすとこのようなおしゃれなチェック柄に。こちらの柄を再現するには、重ね塗りは不要です。
(奈緒乃@アリスのうさぎさんの投稿写真)

3. かわいい&立体的! キャンドゥの「シュガーネイル」

ザラザラ質感が特徴
砂糖をまぶしたようなザラザラとした質感が特徴的な「シュガーネイル」。重ね塗りをすることでぷっくりとした立体的なデザインにもなります。
グラデーションにも
色づきが薄めなのでグラデーションネイルにも最適です。徐々に塗る幅を狭めていくことで完成するグラデーションネイルは、指先に行くほどポリッシュが厚くなり固まりにくくなってしまいます。時間をおきながら少しずつやるのが成功の秘訣です。
組み合わせ次第で質感が生きる
リキュールネイルやネイルシールを組み合わせると、涼しげな夏ネイルにぴったり。ザラザラとした質感がデザインのアクセントにも◎。

4. 大粒ラメがキュート♡ セリアの「AT フレーク ネイル グリッター」

大粒のグリッター
大小様々なキラキラグリッターがたくさん入った「フレークネイル」。フレークが入ったネイルポリッシュは、全然フレークがつかなかったりするものもありますが、こちらはきちんと指先に乗ってくれます。
派手なラメラメ
夏ネイルにピッタリな派手なラメが魅力。指先だけに乗せてもかわいいですよ。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
セリアやキャンドゥ♡ 100均のネイルシールが進化している!

セリアやキャンドゥ♡ 100均のネイルシールが進化している!

100均のネイルシールが進化していることをご存知ですか?セリアにかぎらず、ダイソーやキャンドゥなど、見ていて楽しくなるものばかり。そこで、オフィスでも使える大人向けデザインの100均のネイルシールをまとめました。
sayamimi | 22,410 view
セルフネイルと思えない!100均グッズで簡単グラデーション☆

セルフネイルと思えない!100均グッズで簡単グラデーション☆

さまざまなネイルデザインを楽しみたい!でも頻繁にサロンへ通うわけにはいきませんよね。そこでセルフネイルを楽しむなら、100均アイテムがおすすめなんです。しかもグラデーションネイルなら簡単にできるので、ぜひ試してみてください♪
朝比奈メイサ | 17,545 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Yuri Yuri