2017年1月16日 更新

「ラフ」が断然今っぽい♡ こなれ感のあるヘアアレンジ方法

おしゃれでこなれ感のあるヘアアレンジ、素敵ですよね。こなれ感を出すのには、ラフがキーワードになります。髪の長さ別に、ラフでかわいいヘアアレンジをご紹介します。

28,339 view

こなれ感のあるヘアアレンジがしたい♡

「ラフ」感は自分で出せます!
街ですれ違う、素敵なヘアスタイルの女性。みんなに共通する最近のおしゃれなヘアアレンジのトレンドは「ラフ」です。こなれて見えるラフなヘアアレンジを、レングス別にご紹介します! 自分でもできそうな簡単なものを集めてみたので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

なみなみハーフアップ

【ミディアム】波ウェーブ巻きストレートアイロン 巻き方 - YouTube

今回は、コテではなく、ストレートアイロンでなみなみウェーブを作ります。コテよりも波のようなウェーブになると、最近人気の巻き方です。髪をブロッキングし、後ろの内側の毛から少しずつ巻いていきます。ランダムに巻いて、ふんわりゆる感を出せば簡単なウェーブが完成。ハーフアップなどにアレンジすると、さらに華やかになります。ストレートアイロンで作る波ウェーブは、慣れると簡単に出来るので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ボブ~ミディアムさんでもできる! ルーズお団子

ゆるさが今風 外国人風ルーズお団子の作り方 - YouTube

ポニーテールを作って、毛束をねじります。ねじった毛束をつまみだしてゆる感を出した状態で、くるっとお団子状に巻いて留めるだけ。最後にお団子を適度にほぐしてゆる感を出しましょう。計算された無造作感が、今風の大人顔を演出してくれます。

ミディアム~ロング向け☆ 無造作な低めお団子

まとめ髪を2分30秒で伝える|簡単 ロングヘアアレンジ - YouTube

サイドでまとめたゆるふわおだんご。サイドで毛束を二つに分け、一方の毛束にもう一方の毛束を巻きつけます。残った毛束もくるっとまとめてUピンで留めれば完成。ラフな質感を作るには、ピンで留めた部分やゴムで縛った部分をしっかりと手で押さえながら、トップや三つ編みの部分をルーズに引き出して崩します。ボリューム感や無造作感は少しずつ鏡で見ながら調節していきましょう。普段用にはもちろん、ヘアアクセなどを使えば、パーティー用アレンジとしてもピッタリです。

ロング向け☆ ゆる巻きポニーテール

【秋冬トレンドWay's発】NYポニーテールの作り方☆feat乾亜由美メイク - YouTube

かわいいポニーテールに仕上げるために、重要なのが土台であるウェーブ作りです。面倒くさがらずに、アレンジ前にコテで全体を巻いておきましょう! ハーフアップで編み込みを作り、残りの髪はねじりながらポニーテールにまとめていきます。くしゅっとしたゆる感が出て、いつものポニーテールが大人かわいい旬のスタイルに変身します!
定番のポニーテールも、巻き髪にし、ねじり編みを崩してルーズ感を出すと、ラフでこなれたかわいい髪形になります。ひと手間かけていつもと違うポニーテールを楽しんでみてください♡

ラフでおしゃれにヘアアレンジを楽しもう!

ラフでおしゃれに♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
一気におしゃれに♪ カチュームを使ってヘアアレンジを楽しもう

一気におしゃれに♪ カチュームを使ってヘアアレンジを楽しもう

女の子ならカチュームを使ったヘアスタイルをしたことのある人も多いと思いますが、いつもノーマルなまま付けているだけではありませんか? 実はカチュームで色々なヘアスタイルができちゃうんです! そこで今回は、カチュームを使った簡単にできるヘアアレンジをご紹介します。ぜひ参考にして、毎日のヘアアレンジの幅を広げてくださいね!
eri | 11,668 view
まとめ髪も自由自在♡ ヘアアクセサリーで作るおしゃれアレンジ

まとめ髪も自由自在♡ ヘアアクセサリーで作るおしゃれアレンジ

難しそうに見えるアップヘアやハーフアップのヘアアレンジも、ヘアアクセサリーが強力な助っ人に。誰にでも簡単に作れる、アレンジテクニックをご紹介!
biche | 104,303 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

eri eri