2016年7月4日 更新

過去の男にメリハリ! つらい失恋から元気に立ち直る方法

失恋した時のあのつらさ…。苦しいですよね。できるだけ早く立ち直れるようにするためにはどうすればいいのでしょうか。今回は失恋からの立ち直り方をご紹介していきます。

168 view

失恋することでひとりの大人の女性に!

失恋の分、成長できる・・・
つらい失恋からもう恋なんてしたくないと思う人は多いですが、失恋の分だけあなたの心が強くなる、人間的に成長することも忘れないでくださいね! そうはいっても何をしていても好きだった人のことを考えてしまうなど、とってもつらいですよね。そんなあなたに失恋に負けないための早立ち直り術をご紹介します。これを読んでつらい失恋から一刻も早く立ち直って素敵な人生を取り戻しましょう!

我慢しないで子供みたいに声をあげて泣いてみる

気のすむまで
フラれた時は思いっきり泣きましょう! いつまで考えてもどうにもならないことだってあります。そんな時は恥ずかしがらずに泣いちゃったほうが意外とスッキリします! 泣くときも大きな声で泣いちゃいましょう。泣き終わった後にきっと晴れやかな気持ちになれ、気分がリセットできるはず。

思いっきり過去のことを思い出してみる

思い出にふけるのも良いこと
好きだった人との素敵な思い出を思い出してみましょう。そして悪いことも思い出しましょう。いい思い出よりも悪いことを色々思い出してみましょう。そうすれば自然とどうでもよくなってきませんか?

そして思いっきり考えたあとは、思い出そうとするたびに後で考えようと言い聞かせて目の前にある仕事などに集中しても良いかもしれません。「後で考えよう」が次第に心の痛みを和らげてくれます。

過去に踏ん切りをつけて新しい目標を立てよう!

新しい目標をたてて過去にバイバイ!
例えば今よりももっといい女になってやる! とか後で見返してやる! など今のつらさをバネにして新しい目標を立ててみるのも良いのではないでしょうか。そうすれば自然と心も楽になっていくと思います。むしろ意地になってどんどん自分磨きに精をだし美しい女性になれる可能性も。美しくなれば自然と男性が寄ってくるはずです♡ この世の中に素敵な男性はアナタが思っている以上にたくさんいます。過去の男に縛られず、外の世界に目を向けましょう!

いつまでも引きづりやすい思い出の品写真を思い切って処分する

未練はここで断ち切ろう
別れた彼との思い出の写真はその後あまり見返すことはありません。むしろ彼との写真を見返せばつらくなるばかりです。ならばいっそのことまとめて処分しちゃったほうが踏ん切りが早めについて良いです。いつまでも大切にとっておいても彼は戻ってきません。過去ばかり振り返らずにこれからの素敵な未来を考えるようにしましょう。

いっそのこと連絡先を消去しましょう!あとSNSも忘れずに

連絡なんてもうしない!
未練を断ち切るために連絡先も一切消去しちゃいましょう。それでスパッとあきらめて新しい恋に向かったほうが一層ドキドキするし、幸せに一歩近づけるはずです。それから忘れがちですが、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSの消去も忘れずにしましょう。ふと彼がSNS上に近況をアップしてきたときにつらい気持ちになってしまうことがあります。せっかく忘れることができたのにひょんなことから失恋をぶり返すのは時間の無駄‼

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる大人の恋愛特集

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる大人の恋愛特集

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
biche | 175,593 view
恋愛心理学に学ぶ♡ 好きな人と両思いになれる方法

恋愛心理学に学ぶ♡ 好きな人と両思いになれる方法

「好きな人と両思いになりたいけど、どうしていいのかわからない・・・」そんなあなたへ『恋愛心理学』による両思い理論をご紹介します。「恋愛はテクニックじゃない」と思っていても、モテる子は無意識で、または学んでやっているかもしれません!
Sato | 4,728 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet