2017年7月28日 更新

トレンドカラーを押さえよう♪人気のおすすめ赤リップ7選

各ブランドからトレンドの赤リップが続々登場!今回は色味別に、おすすめの赤リップを7点ご紹介します。人気のアイテムをチェックして、お気に入りを見つけましょう♡

20,045 view

種類豊富に登場♪あなたはどの色の赤リップにする?

人気の赤リップあなたはどれが好き?
人気の赤リップあなたはどれが好き?
今年は、断然「赤リップ」。血色感のあるメイクやナチュラルな大人メイクを叶えてくれるアイテムとして、大人女子を中心に人気沸騰中です♪今回はトマト色、ルビー系、オレンジ系、ワインレッドなど4種類のカラーごとに、トレンドの赤リップをチェックしてみましょう♡あなたのお気に入りアイテムがきっと見つかるはず。

植物オイル配合のうるうるトマトレッド

オイル美容液のようなトリートメント効果で、内側からにじみ出るような発色感に。5種類の植物オイル配合で、唇の乾燥や荒れを防ぎながら、ふっくらとグラマラスな唇へと導いてくれます。うるうるの唇なのに、ベタつきが少ないライトなつけ心地が特徴です。
グロスのベタベタ感があまり好きじゃないのですが、こちらは凄くいい使い心地です!
発色も良くてお気に入りです。

とってもキュートなルビーレッド

ツヤやかなうるおい、そして立体形状を記憶してくれる濃密ジェルが配合されたマキアージュ「エッセンスジェルルージュ」。さっと塗るだけで、美しい立体的な唇に仕上げてくれます。「RD400」はとっても鮮やかですが、肌なじみの良いレッド。普段使いでも十分活用できます。
一度塗りでぷっくりした唇になります。毎日使っていると唇自体も綺麗になり感動です!

リッチな質感が魅力のルビーレッドカラー

クレ・ド・ポー ボーテ / ルージュリキッドエクラ「17」
4,000円
リッチな発色とツヤが魅力のクレ・ド・ポー ボーテの「ルージュリキッドエクラ」。口紅が溶けたようなリッチな仕上がりがポイント。軽やかなつけ心地で、落ちにくいところも好評です。17は鮮やかなカラーですが、とっても肌なじみの良く誰にでも合う赤です。
艶と透明感を出すのに役立ちます!
さらっとしているけれど、見違えるような変化ですね。
自然にきれいに明るくしてくれています。
持ちのほうも満足のいくものでよかったです!

オレンジメイクにもぴったりなオレンジ系レッド

朱赤に色づくヴィセのリップスティック「RD420」。濃密な美発色と磨き上げたようなツヤで、魅力的なうるおいリップを叶えます。コンシーラー成分が唇のくすみや色ムラをカバー。グロッシー成分がツヤやかな唇に導きます。
RD420を使用してます。
いつもリップクリームを塗った後に、使っているので単体だけで使った場合の保湿力はわかりません。
ただ、発色がいいです!!!!!
リップクリームを塗る感覚で塗ると
なかなかの高発色になりますし
薄付きにしたい時は、ぽんぽん塗っています。
とてもお気に入りです^^

透明感のあるオレンジレッド

エレガンス クルーズ / ステイン ルージュ 「M02 ルミエールレッド」
2,500円
エレガンスクルーズの『ステインルージュ』M02番もおすすめ。熱を帯びたようなオレンジよりのレッドは、見たままのフレッシュで濃密なカラーが、唇を鮮やかに彩ってくれます。透明感の高いベースが採用されているので、みずみずしいツヤ唇に仕上がります。
M02を購入しました。
繰り出した見た目はかなりインパクトのあるビビットカラー。
オレンジが入ったレッドでラメがたくさん入っているので透明感があってグロスみたいです。

大人なワインレッドならジルスチュアート

ジルスチュアート / リップブロッサム 「21 black cherry」
2,800円
2016年9月2日に追加発売されたジルスチュアートの『リップブロッサム』。21番のblack cherryは、モーヴな彩りで、大人っぽい唇を叶えてくれるワインカラーです。透明感の高いナチュラルなツヤで、ふっくらとした唇に。ぽんぽんと指でなじませると、マットな質感を楽しむこともできます。
店舗でのタッチアップではリップブラシを使用してくれますが直でつけても濃過ぎずケバくなったりしないので良かったです。

リップブロッサムは扱いやすいお色味ばかりなので使いやすいしミラーがついているのでささっと直せるのでとても便利で手放せません。

クレヨン型リップで描きやすい!

レブロンから2016年8月29日に追加発売された『バームステイン』の05番は、ぶどうのようなワインカラーが特徴。青みがかった深いレッドカラーで、大人っぽくセクシーな唇へと導いてくれるリップです。クレヨン型のスティックタイプなので、リップペンシルなしでも輪郭がきれいに描けます。
青味のある落ち着いた赤で、リップだけ浮いてしまう事もなく使いやすい色だと思います。
私は一度塗りですが、重ね塗りすればもっと女度があがると思いますよ~
シックな色だけど、顔色も明るくみえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?カラー別のおすすめ赤リップをご紹介しました。血色感のある唇メイクや、ナチュラルな色味、マットな質感など、さまざまな特徴あるリップからお好みのアイテムを試してみてくださいね。あなたも、トレンドの赤リップをメイクに取り入れてみましょう♡

口紅総合情報 −@cosme(アットコスメ)−

口紅総合情報 −@cosme(アットコスメ)−
口紅に関する最新の口コミランキングや人気の商品、口コミ、特集記事、Q&A、ブログなどおすすめの美容トレンド情報をチェックできます。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

コスパよく旬顔を叶えられるプチプラまとめの保存版を公開★今っぽいメイクを手軽に楽しみたいときに大活躍してくれるのが、ドラッグストアなどで買えるプチプラコスメ。今回はこれまでに公開されたプチプラコスメなどの記事をまとめてご紹介します。それぞれの定番コスメに加え、ハイライト・チーク・ティントリップといったアイテム別のピックアップにも注目です。
ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

2018年秋冬の新作コスメをトレンド別に大公開★ツヤやベルベットなどの質感、ピンク・レッド系やカーキ・グリーン系などのこの秋トレンドの色別に分けてたっぷりとご紹介します。プチプラからデパコスまで盛りだくさんなので、あなたの欲しいアイテムが見つかるはず♪
パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

あなたの魅力を輝かせるパーソナルカラー診断をもとに、秋冬の装いを盛り上げるメイクアップアイテムをご紹介♪新作&新色のアイシャドウ・チーク・リップからあなたの肌色にマッチするコスメを見つけて、華麗なドレスアップを叶えましょう!
今が旬カワ♡大人の色っぽさが漂う「赤リップ&ノーチーク」

今が旬カワ♡大人の色っぽさが漂う「赤リップ&ノーチーク」

いつものメイクをちょっと工夫するだけで、大人の色っぽさがグッと増すメイクに早変わり。それが「赤リップ&ノーチーク」。男性の人気を集めること、間違いナシのメイク。早速練習してみましょう!
Reet | 33,663 view
【赤リップメイク術】やり方のコツや似合うアイシャドウやチークは?

【赤リップメイク術】やり方のコツや似合うアイシャドウやチークは?

大人の色っぽさを引き出し、華やかで魅力的な表情を演出してくれる赤リップ。使いたいけど「自分には合わない」と諦めていたりしませんか?使い方のコツや赤リップに合わせたメイクをすることで、赤リップの映えた大人っぽく美しい顔になることができます。そこで、今回は知っておきたい赤リップメイク術をご紹介していきます!
@cosme編集部 | 11,961 view
初心者さんにおすすめ!1,200円以下のプチプラ赤リップ10選

初心者さんにおすすめ!1,200円以下のプチプラ赤リップ10選

塗るだけでぱっと顔色を明るくし、女性らしい印象を与えてくれる赤リップ。でも、はっきりとした色味なのでなかなかチャレンジできないという方も多いのではないでしょうか。そこで、こちらでは初心者さんでも使いやすいプチプラの赤リップを厳選してご紹介いたします♡
@cosme編集部 | 38,521 view
ぷるぷるっ♡うるんだツヤが程よくエロい「ジューシーリップ」

ぷるぷるっ♡うるんだツヤが程よくエロい「ジューシーリップ」

うるっとツヤめく色っぽいジューシーリップが今季トレンドに。こちらの記事では、その仕上がりと合わせて、今すぐ取り入れたいおすすめコスメをご紹介します。夏にぴったりのみずみずしいツヤ感を唇に添えて、リップメイクをアップデートしましょう♪
@cosme編集部 | 20,132 view
生っぽさが大人に似合う★人気ブランドのツヤ仕込みマットリップ

生っぽさが大人に似合う★人気ブランドのツヤ仕込みマットリップ

ツヤとマットのいいとこ取りを叶える、マットな質感に少し湿気を含んだような「生っぽい」仕上がりのリップが人気を呼んでいます。今回はプチプラからデパコスまで、人気ブランドのツヤ仕込みマットリップをご紹介♪使い方や選び方次第で、ナチュラルにもモードにもなれる最旬リップ事情をチェック!
@cosme編集部 | 9,107 view

この記事に関するタグ

この記事のキュレーター

yummy yummy