2016年7月19日 更新

ヘルシーな大人の表情に! ブロンズチークを使ったメイク方法♡

チークはたくさん持っているけど飽きてきちゃった。そんなあなたにおすすめなのがブロンズチーク。ピンクのかわいらしいチークもいいけれど、ブロンズチークでちょっぴり大人なあなたを魅せてドキッとさせちゃいましょう♡

1,673 view

ブロンズチークはいかが?

脱おフェロ
出典 dluge.com
脱おフェロ
夏はブロンズチークを使って大人な雰囲気に仕上げるのが今っぽいメイク。ブロンズチークメイクとは一体どんなものなのかといったことから、メイク方法、おすすめのブロンズチークまでご紹介していきます。では、さっそく見ていきましょう!

ブロンズチークを投入してヘルシーメイク!

ブロンズチークを投入してヘルシーメイク!
今期はやり過ぎない感じのヌーディーなメイクが主流。それにはブロンズチークがマッチします。
ヘルシーな印象に
ブロンズチークを頬にひと刷毛プラスするだけで、顔の印象がぐっと健康的に仕上がります。おフェロメイクの色っぽさとはまた違った雰囲気を楽しむことができます。
肌なじみのよさも抜群
ブロンズカラーはいろんな肌のトーンの方にフィットします。思っているよりも取り入れやすいカラーなので気軽にトライしてみましょう。

ブロンズチークHOW TO

健康的な肌になるような色味を
日焼けした肌をイメージして、自分の肌になじむ色をチョイスしましょう。
いつもとは違った取り入れ方を
レッドやピンクのチークのようにブロンズチークを入れると不自然なメイクになってしまいます。普段よりも広めに少しづつ入れましょう。
ブラシでオンするのがおすすめ
ブラシを使ってチークゾーンに大きく大胆に入れてみましょう。ブロンズ独特のヘルシーな雰囲気に仕上がります。

おすすめのブロンズチーク

エトヴォス / ミネラルブロンズグロウ
3,500円(税抜)
チークとしてはもちろん、アイシャドウやリップとしても使えて便利なクリーム状のフェイスカラー。日本人の肌にマッチするパールとツヤ感でテラコッタ肌に導きます。メイク直しもこれ一つで完璧。
久々の大ヒット、ホームラン!

わたしは主にアイシャドウ、チークとして使っています。クリームタイプなので、指に取ってサッと塗るだけで、これからの夏にもぴったりの、艶やかで大人な顔立ちになります。
M・A・C ミネラライズ ブラッシュ ウォームソウル
3,500円(税抜)
大人気M・A・Cのパウダータイプのチークは透明感のある仕上がり。シマーな輝きとパールの質感で重ねても厚ぼったくなりません。コスパが良くリピーター続出の一品。
色が濃く出ず、ブラシでふわっと乗せやすいです。
自然に艶が出て適当に乗せても色ムラにならずにボヤッと綺麗に仕上がり、パパッとできます。
ボビイ ブラウン / ブライトニング ブラッシュ 01 ブロンズ
5,800円(税抜)
異なる質感がミックスされたブラッシュで肌に透明感を与えます。繊細なパールの輝きでチークとして使うとヌーディーな肌になれます。
ブロンズ色は、そんなに濃く付かないし、
たとえ濃くつけてしまっても、ピンク&ゴールドの2色で抑えられます。

印象としては、クールでシャープな印象になります!
つける位置や色の配合具合で、自然な感じにも、ゴージャスな感じにも出来ると思います。
朝つけてメイクオフまでの8時間、色が落ちなかったので、持ちも良いです。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
2016夏トレンド♪ ゴールドアクセに似合うヌーディーメイク

2016夏トレンド♪ ゴールドアクセに似合うヌーディーメイク

今年流行しているゴールドアクセ。メイクをしっかりさせつつも、アクセが主役になるようなコーデにしたいもの。ヌーディーメイクならその願いが叶うんです。
mayu♡ | 32,714 view
逃げ恥で大活躍♡ 新垣結衣ちゃんメイクを徹底マスターしよう

逃げ恥で大活躍♡ 新垣結衣ちゃんメイクを徹底マスターしよう

2016年はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が大ブームでした♪ なかでも主演の新垣結衣さんがとにかくかわいい! と話題でしたよね。今回は「ガッキーメイク」のポイントをご紹介します!
maa | 7,673 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet