2015年9月4日 更新

奥二重の目元がぱっちり見える、アイラインの引き方

奥二重に合ったアイラインの引き方とは?ペンシル、リキッド、ジェルなどアイライナーのタイプ別ごとに引き方をご紹介します。奥二重ならではの悩みをスッキリ解決しましょう!

35,972 view

奥二重のアイラインの問題点といえば?

奥二重のアイラインの問題点を改善する引き方
奥二重のアイラインに対する悩みと言えば、にじんでしまう、目を開いたときにアイラインが見えないなどがあります。
どうにかしようとして、アイラインが太くなってしまい化粧がケバくなってしまうトラブルが発生します。キレイなアイメイクを完成させる、奥二重のためのアイラインの引き方を調べました。

初心者でも簡単にアイラインが引けるペンシルタイプ

初心者でも簡単にアイラインが引けるペンシルタイプ
初心者の方でも安心してアイラインを引けるアイテムとしておすすめなのがペンシルタイプのアイライナーです。奥二重さんにベストな引き方であるインサイドアイラインもペンシルだと引きやすいです。ペンシルが乾燥で固く使いにくい時は、ライターであぶって書きやすくしてみて。

ペンシルタイプで奥二重に似合うアイラインの引き方

初心者におすすめペンシルタイプで奥二重でもくっきり
初心者の奥二重さんにおすすめできるのが、ペンシルタイプによるインサイドラインの引き方です。
インサイドとは、まつ毛の隙間、鼓膜と皮膚の境界線のことです。
手が震えてしまいアイラインが引きにくい方は、腕を机に置くなどして固定してアイラインをひきます。あとは慣れるしかありません。

インサイドラインで目力アップ【アイラインの引き方】コージー本舗

【使用商品】 スプリングハート ロングラスティングアイライナー http://www.koji-honpo.co.jp/shop/b8.html まぶたの内側にアイラインを引く「インサイドライン」。これだけでアイメイクのレベルがUP!! 【コージー本舗_facebookページ】 http://www.facebo...

奥二重を印象的にしてくれるリキッドタイプのアイライン

インパクト重視ならコレ
奥二重の目元に強めのインパクトを与えるアイライン仕上げにするのならリキッドタイプのアイライナーがおすすめです。細いラインも太いラインも引き方しだいで自由自在にできます。ウォータープルーフタイプののリキッドアイラインも数多いのでにじみの予防もできます。

リキッドタイプで奥二重に似合うアイラインの引き方

すっと横に伸ばす一手間がデカ目に
奥二重のリキッドアイラインの引き方とは?リキッドは筆がなめらかなラインを楽にひいてくれます。水平にラインをひき、目尻とアイラインにできた隙間も埋めていきます。
まつ毛とまつ毛の間を埋めたラインを、目尻から3mmほど出るようにスッと横に伸ばす一手間が目を大きく見せてくれます。

新見千晶さんが教えるメイク 「奥二重さんのデカ目」

目尻強調でぱっちりデカ目に! 奥二重さんのアイメイクのお悩みで多いのは「切れ長で冷たい印象に」「腫れぼったく見える」ということ。色の選び方に気をつけて、目を丸く、目尻強調でぱっちり見せるのがポイントです。 ヘアメイク:新見千晶さん http://www.niimichiaki.com/ モデル:乾亜由美さん ht...

ジェルアイラインで奥二重でもにじみにくく!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
アイプチ? メザイク? 二重ラインを作ってデカ目になる方法

アイプチ? メザイク? 二重ラインを作ってデカ目になる方法

ぱっちりとしたデカ目になるにはやっぱり二重ラインは必要不可欠。そこで、二重ラインを作る定番アイテムからニューフェイスまで、二重ラインを作るテクニックとおすすめの商品をご紹介していきます。
hana* | 7,333 view
腫れぼったい二重はメイクで解決!印象的な目元へチェンジ☆

腫れぼったい二重はメイクで解決!印象的な目元へチェンジ☆

日本人に多い、腫れぼったい奥二重。コンプレックスに思っている人も少なくないかと思いますが、実はメイクやまぶたのマッサージで解決できるんです。そこで、奥二重をぱっちりした目元に導く数々の方法をまとめました!
myunon | 78,883 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

まめちちびびこ まめちちびびこ