2016年3月31日 更新

髪の毛を素早く乾かしたい!ドライヤーの使い方テクニック

忙しい時になかなか乾かない髪はストレスのもと。ところがドライヤーの使い方によっては、髪の毛をもっと早く乾かすことができるんです。そのテクニックをご紹介!

1,821 view

忙しい時、なかなか乾かない髪にイライラ…

ロングヘアのお悩みは、洗髪後の髪が乾きにくいこと
もうすぐ出かけなければならない時、ドライヤーを使っているのにまだ髪が乾かない!そんなストレスを抱えているロングヘアさんに朗報、ドライヤーも使い方によっては半分以下の時間で髪を乾かすことができるんです。そのテクニックはどんなものなのか、さっそく見てみましょう。

まずは有能なドライヤー選びから

ドライヤーを選ぶ時は風量をチェック
髪を早く乾かすには、ドライヤーの性能の良さが必要になります。まずチェックすべきは風量が充分あるかどうかで、目安は1.3㎡/分以上。風量と電気代が比例しそうに思えますが、1.3㎡/分以上の性能を持つドライヤーのワット数=電気消費量はおおむね1200W程度。その中で風量がより多いものを選びましょう。

裏技その1「洗髪後はタオルをまく」

タオルをこまめに取り換えて水分を吸わせましょう
洗髪後はなるべく早く水分を拭き取っておくのが、早く乾かすコツ。洗髪後、浴室から出る前にすぐにタオルを巻いてしまえば、他のことをしている間にもタオルが水分を吸収してくれます。バスタオルではなく普通サイズのタオルでよいので、取り換えることでより多くの水気を取り除いておきましょう。

裏技その2「タオルをかぶってドライヤー」

タオルを巻いた上からドライヤーを
次に試して欲しいのが、バスタオルをかぶった上からドライヤーをあてる方法です。これによってタオルの中に熱がこもって乾燥したサウナのようになり、水分がタオルに吸収されるため早く乾くのです。タオルに吸われた水分はドライヤーによって蒸発、そのサイクルで髪が乾くのがいつもより早くなりますよ。

裏技その3「乾かす前にブロッキングを」

ブロッキングすると早く乾かせます
洗濯物もそうですが、塊になった状態では乾きにくいもの。髪もブロッキングしてから乾かすと、ひと塊にしておくより早く乾きます。ダッカールクリップなどを利用して小分けしてから、ドライヤーを使いましょう。その際ドライヤーはこまめに動かし、風をあてる場所も変えることで、髪の内部まで乾燥してしまうことを防ぎます。

目から鱗!ドライヤーする場所も重要です

洗面所は湿度が高くて髪が乾きません
皆さんドライヤーはどこで使っていますか?大概は洗面所などで使う人が多いのではないでしょうか。ところが洗面所が浴室を出てすぐのところにある場合、湿度が高くて髪は乾きにくくなるのです。できれば水場から離れた場所、例えば自室にドレッサーやメイクコーナーがある人はそこでドライヤーを使うように心がけましょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
タオル+ドライヤーだけ!髪を乾かす時間が半分以下になる裏ワザ

タオル+ドライヤーだけ!髪を乾かす時間が半分以下になる裏ワザ

ロングヘアのネックになる事は髪を乾かす時間が長くなる事。そんな悩みを解消するアイテムはタオル+ドライヤー!ドライヤーで髪を乾かす時間が半分以下になる裏ワザとは?
Ririingo | 3,410 view
イケてる女子は寝る前にやる!朝のヘアセットが楽になるコツ

イケてる女子は寝る前にやる!朝のヘアセットが楽になるコツ

朝起きて慌てて家を出たり、通勤途中でセットする姿程悲しい行動はありません(涙)「明日こそは負のスパイラルを断ち切ろう」そう思っても中々上手く行かないんですよね。そこで提案したいのが夜のうちにヘアスタイルをセットしておく方法です!これで朝のヘアセットが抜群に楽になりますよ♡
mashroomcat | 9,561 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

momotan momotan