2017年11月28日 更新

面長さんは横幅重視メイク!チークとハイライトで簡単小顔に♪

面長だから顔が大きく見えたり縦幅が強調されている…とお悩みの方!簡単に小顔になれるハイライトやチークの入れ方、おすすめアイテムをご紹介していきます♪

5,421 view

面長を小顔にしたい!

ハイライトとチークで小顔に!?
ハイライトとチークで小顔に!?
面長さんは、シャープなのに縦幅が強調されているため、顔が大きく見えてしまいコンプレックスに。ですが、ハイライトやチークを正しく使えば、シャープなお顔を活かして小顔になれます!そこで今回は、ハイライトやチークの入れ方、おすすめアイテムをご紹介していきます♪

ハイライトの入れ方は?

ハイライトは横に
ハイライトは横に
ハイライトは良い部分を強調させコンプレックスを改善してくれる優れもの♪ハイライトは、使っているファンデーションよりも明るいベージュやピンクのハイライトを選びましょう。面長を小顔に見せるには、目元や眉間にハイライトを入れて、目と目の間に空気感を出します。次に、顎の真ん中にハイライトを入れて、丸みをおびたふくらみ感を出します。注意点は、ハイライトといったら鼻筋に入れる方が多いのですが、面長さんは縦幅が強調されてしまうので、鼻筋には入れないようにしましょう。おすすめのハイライトをご紹介します。

見た目もかわいくて効果もバツグン!

ゲラン / メテオリット コンパクト

7,400円
カラフルなモザイク柄で宝石箱のようで、見ているだけで女子力が上がります♡そして可愛いだけでなく、それぞれの色が組み合わさり、肌に輝きを与え悩みをカバー。つけ心地もサラサラでふんわりしています。
パウダーファンデーションがどうしても重いと感じてしまう乾燥肌です。
これならまったく重くならず乾燥肌なのにツヤまで出てすごくお気に入りです。
色々な化粧品が気になるタイプなのであまりリピートはしないですが、これはおそらくリピートするとおもいます。

乾燥を防いでスベスベ美肌に

コスメデコルテ / AQ MW フェイスパウダー
20g・5,000円
肌に優しいオーガニックシルクパウダーに美容成分が配合されていて、艶やかでなめらかな仕上がりに。アミノ酸が配合された粒子が肌に密着し乾燥を防ぎ、スベスベな肌に仕上げてくれます。フローラル系の香りに癒されること間違いなし♪
キラキラタイプの一番暗い色をもう10年以上愛用中。
写真を撮った時に首と顔の色が違うのがいやで、
こちらの暗い色を使用すると写真写りも困らないです。
なにより肌触りがすごくよくて、ベースメイクは必ずどこのを
使ってるか聞かれます。
ほどよいキラキラ感もお気に入りです。

シルクのような肌触りに

エレガンス / ラ プードル オートニュアンス リクスィーズ
27g・15,000円
見た目はゴージャス、開けてみると可愛らしいペールトーンのお色が。つけ心地は上質なシルクのようで、サラサラふんわりした肌触りが優しさに溢れています。肌に透明感を与え、輝きを解き放ってくれるハイライト。
乾燥したり、粉っぽくなることなく、肌にぴったりと密着するので 肌がきれいにみえます。

なかなか減らないのでコスパもいいです。

これからも使いつづけます!

チークの色や入れ方は?

面長さんに合ったチークの入れ方
面長さんに合ったチークの入れ方
チークといったら頬骨からこめかみに向かうように斜めに入れますよね?ですが面長さんは、顔を細く見せてしまい面長が強調されるので、ふんわりチークを意識することが重要です。ふんわり感を出すために、ピンク系やオレンジ系のチークを選びましょう。
入れ方は、頬骨の少し下に小鼻から耳に向かうようなイメージで垂直に入れていけばOK。この時、細くではなく太めに入れることで、ふんわり感が出ます。また、濃すぎても不自然なのでベッタリ入れるのではなく軽やかに入れていきましょう♪

上品な大人顔になれるクリームチーク

ルナソル / カラーリングクリーミィチークス

3,500円
クリームタイプなので、しっとり肌に密着しなじむため、血色をリアルに表現。しっとりしているけど、サラサラに仕上がるので重たい感じはありません。艶も出るので乾燥をカバーしてくれる優れもの♪
スポンジで馴染ませるのですが、他メーカーのもののように最初べったり
濃くついたりしません。薄くつくので足していく感じで、そこが
自分の中のクリームチークのイメージと変わりました。
あくまで自然な発色なのでチーク塗ってます!という感じにならず
上品です。つけた表面はサラサラになるし、とくに化粧崩れしたり
落ちるということもありません。
使ってみて人気の理由がわかりました。
これはひとつは持っておきたいチークです。

肌に溶け込むしっとりチーク

クリニーク / チーク ポップ

3,000円
乙女心をくすぐられるガーベラ型にかたどられたかわいらしいチーク。持っているだけで女子力がアップしたように気分がわくわくすること間違いなし♪大きさも丁度よく持ち運びしやすいのも◎。キュートさと利便さ、どちらも兼ね備えた人気のアイテムです。
パウダーなのに付けている部分がツヤっ、ぺかっとしてお肌がきれいに見えるのには評価が高いだけあるなと感じます
色は主張しませんが、きちんとつけてる感は出るし、万が一つけすぎても、やりすぎ感が出ないという本当に便利で不思議なチークです
毎日使ってもなかなか模様が消えないので、かなりコスパもいいかと思います

まとめ

面長さんに合うハイライトやチークの入れ方、おすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?面長さんは顔がシャープなので、横幅を意識するメイクをするだけで、シャープが活かされて小顔になれちゃいます。是非やってみて下さいね♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

コスパよく旬顔を叶えられるプチプラまとめの保存版を公開★今っぽいメイクを手軽に楽しみたいときに大活躍してくれるのが、ドラッグストアなどで買えるプチプラコスメ。今回はこれまでに公開されたプチプラコスメなどの記事をまとめてご紹介します。それぞれの定番コスメに加え、ハイライト・チーク・ティントリップといったアイテム別のピックアップにも注目です。
ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

2018年秋冬の新作コスメをトレンド別に大公開★ツヤやベルベットなどの質感、ピンク・レッド系やカーキ・グリーン系などのこの秋トレンドの色別に分けてたっぷりとご紹介します。プチプラからデパコスまで盛りだくさんなので、あなたの欲しいアイテムが見つかるはず♪
パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

あなたの魅力を輝かせるパーソナルカラー診断をもとに、秋冬の装いを盛り上げるメイクアップアイテムをご紹介♪新作&新色のアイシャドウ・チーク・リップからあなたの肌色にマッチするコスメを見つけて、華麗なドレスアップを叶えましょう!
ハイライトを使ったメイクの順番は?ツヤ肌を叶えるおすすめコスメ17選

ハイライトを使ったメイクの順番は?ツヤ肌を叶えるおすすめコスメ17選

立体感を与えながらツヤ肌を演出するハイライトはベースメイクの名脇役!今回は初心者さんにも分かりやすい、ハイライトの入れ方や使う順番をまとめました♪さらに、@cosmeランキング上位のものやプチプラコスメなど、おすすめアイテムを大公開☆早速やり方をマスターして、憧れのメリハリフェイスを叶えましょう!
@cosme編集部 | 16,424 view
ちょっとの工夫でハーフ風♡小顔になれる5つのメイクポイント

ちょっとの工夫でハーフ風♡小顔になれる5つのメイクポイント

芸能人やモデルなど、小顔でキレイな顔に憧れる方に必見。メイクのコツをつかめば誰でも小顔に見えることができます。そのポイントをご紹介!
@cosme編集部 | 44,470 view
整形級!?  シェーディング&ハイライトで小顔メイク

整形級!? シェーディング&ハイライトで小顔メイク

ダイエットしたいけど、顔ってなかなか痩せづらいですよね。 そんなときは、メイクでカバーしちゃいましょう! シェーディングとハイライトを使った小顔メイクをご紹介します。
sayamimi | 85,344 view
面長さん向け♡小顔に見せる簡単メイクテクニック

面長さん向け♡小顔に見せる簡単メイクテクニック

顔がすらっとして、大人っぽい印象の面長さんですが、本人にとってはコンプレックスに感じてしまうこともありますよね。特に顔が大きく見えてしまうのが悩みという方が多いのではないでしょうか。今回はそんな面長さんのために、小顔メイクのテクニックをご紹介します♡
eri | 34,143 view
小顔メイクを効果的に! シェーディングを使った美人顔の作り方

小顔メイクを効果的に! シェーディングを使った美人顔の作り方

簡単に小顔を手に入れたいなら「小顔メイク」がおすすめ! いつものメイクに少々アレンジを加えるだけなので、お金も手間もかかりません。今回はシェーディングやハイライトの基本からメイクのやり方までを、顔型別に詳しくご紹介します。シェーディング、ハイライト、チークなど@cosmeのクチコミでも高評価なコスメをあわせてチェックしてみましょう♡
yummy | 351,965 view

この記事に関するタグ

この記事のキュレーター

Reet Reet