2016年5月20日 更新

かわいい二重への近道! ファイバーテープを使いこなすべし

くっきり二重に憧れる女性は少なくありません。かわいい二重の作り方の近道の秘密は、ファイバーテープ。使い方をマスターしてナチュラルできれいな二重を手に入れましょう!

10,490 view

自然できれい、かわいい二重になりたい!

日本人は自然な幅広二重は少ない
日本人はどちらかというと、すっきりした瞼の人が多め。二重でも目頭から二重の幅がスタートしているタイプや、奥二重の人が多いもの。外国人のようなパッチリ幅広二重に憧れる人は少なくありません。そんな二重への近道と言えば、アイプチや二重テープが鉄板ですが、中でもファイバータイプの二重テープがおすすめなんです。

ファイバーテープってなに?

二重をはっきりさせてくれる
二重を作るのに適したファイバーテープとは、読んで字のごとくファイバーがテープ状になっているもの。両側を引っ張るとググッと伸びて、瞼に食い込ませる様にして使います。普通の二重テープよりもより自然な二重のラインが作れるうえに、目立ちにくいのがメリット。メイクをしてもテカりにくいので大人の女性にもピッタリなんです。

ファイバーテープの使い方とは?

ぐぐぐーっと伸ばすと、細いファイバー状に
ファイバーテープはそのまま使ってはNG。必ず伸ばすことから始めます。・・・とその前に、まずはまぶたをきれいにします。きちんと洗顔し、瞼についている油分を落としましょう。それからいよいよファイバーテープの出番。両端をつかんでゆっくり伸ばしてみましょう。最初だけちょっと力を入れて伸ばせば、あとは簡単に伸びるハズ。

コツはまぶたに食い込ませること!

ファイバーテープは食い込ませるのがコツ!
テープを伸ばしたら、自分の希望する二重幅に貼っていきますが、ここでのコツは食い込ませること。ただ貼るようにしてしまうと簡単にはがれてしまいます。端っこを持っている爪や指先を使って、テープをぐぐっとまぶたに食い込ませるようにすると◎! あとは端のテープを切ってできあがりです♪

ファイバーテープを使った二重の作り方

手先の細かい部分までアップでとてもわかりやすいですよ! 動画ではカミソリを使っていますが、危ないのではさみを使った方が安全です。ぐぐっと食い込ませるやり方や、どのあたりでテープを切ったらいいかなどを参考にしてみてくださいね!

AB(オートマティックビューティ) / メジカルファイバー2

初心者でも扱いやすい
60本入り・1,200円(税抜)
二重用まぶたシールです。伸ばさずそのまま使えて、コシのあるファイバーテープなので、台紙からはがす時に失敗しちゃう人にもおすすめ。単純計算で1ヶ月分入っているので、コスパも◎。二重用ファイバーテープとしては元祖と言っても過言ではない安心の「AB」シリーズです。

ビー・エヌ / マイクロファイバーEX 240本入り

240本の大容量
1,555円(税込)
今までのオファーバーテープの欠点と言えば、切れやすかったという事。特に慣れていないと力加減がわからず、いくつも無駄にしてしまう事も・・・。こちらは大容量&リニューアルして強度が増しているために初心者さんにもおすすめです。上手く出来なくて挫折してしまった人も、これなら思う存分練習できそう!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
透明感がアップする♡ マスカラなしで抜け感メイクを楽しもう!

透明感がアップする♡ マスカラなしで抜け感メイクを楽しもう!

多くの人にとって、メイクの中で外せないポイントといえば印象的な目元にすること。特にまつげを濃く見せるマスカラは欠かせないアイテムだと思います。でもあえてマスカラをなしにしてみると、透明感が出るんです。そんなノーマスカラメイクの魅力についてまとめました。
hana* | 67,228 view
失敗したくないアイメイク。ブラウンアイシャドウで旬顔になろ♡

失敗したくないアイメイク。ブラウンアイシャドウで旬顔になろ♡

ブラウンカラーはいつの時代も定番に存在するトレンドメイク。旬のナチュラルメイクにもブラウンは大活躍します。ナチュラルなアイメイクで活用したいブラウンアイシャドウをご紹介します。
Pheme | 11,064 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

mayu♡ mayu♡