2017年1月26日 更新

白フレンチにストーンをプラス♡上品&清楚なモテネイル集

オフィスやオフでも常に活躍の白フレンチネイル。そこに小さなストーンをオン!ほんの少しの違いを毎日楽しめる。これが上品なデザインの方程式なんです。

10,356 view

大人っぽくて上品な白フレンチ

オフィスでもネイルを楽しみたい
白フレンチネイルといえば、実際の爪の色をメイクしたように薄く綺麗なピンクとホワイトで仕上げるのがお約束。デザイン的にとても自然ですし、ナチュラルで男女問わず好印象なのも魅力のひとつ。そこにストーンをあしらって、いつもよりほんの少し贅沢なデザインを味わってみませんか?

ワンポイントストーン・モチーフ

細ライン×ストーン×白フレンチネイル
いつものシンプルなフレンチネイルに細いラインとストーンをプラスしただけで一気にリッチな印象になります。小ぶりなストーンを寄せてピンポイントな輝きを。
三日月モチーフ×白フレンチネイル
ストーンでできた三日月モチーフを薬指にオン。他の指先の根元には少し散りばめたストーンがお星様のよう。まるで夜空のようなフレンチネイルです。
一部だけストーン×白フレンチネイル
片手の一部だけ。究極にシンプルな選択肢をすると、逆にストーンが繊細にも際立ったワンポイントネイルに。オフィスでも自分ひとりだけで楽しめる飾り付けネイルです。

リボン

ゴールドリボン×白フレンチネイル
フレンチの境目にゴールドのリボン、もう片方の手にはスタッズととても小さくさりげないモチーフをつけゴールドラメで縁取ったネイル。モチーフが小さいぶん薬指にはラメのワンカラー塗りを。
シルバーリボン×白フレンチネイル
シルバーのストーンでできたリボンモチーフをフレンチラインに飾ったネイル。ポイントはフレンチの上からスパンコールを並べているところ。お仕事終わりのデートにも、もちろんお出かけにもピッタリなネイルです。
3Dリボン×白フレンチネイル
こちらはけっこう大きめの3Dリボンを部分的にあしらったネイル。リボンの上からストーンを乗せてキラッとさせて。リボン全体がストーンで覆われているわけではないところが大きくてもシンプルなポイントです。

フレンチライン

薬指ストーン×白フレンチネイル
薬指のみ飾り付けるのは鉄板。薬指のみフレンチネイルの境目にストーンを飾り付けたネイル。オフィスネイルとしてもあまり目立たないところに飾り付けるのは人気です。
ストーンとゴールドアラベスク×白フレンチネイル
ホワイトのフレンチの境目をゴールドのアラベスクモチーフとストーンで飾り付けたゴージャスなネイル。こちらは白フレンチの中でもパーティーや華やかな場面向き。ベースが白フレンチなので、どこか上品にも仕上がっています。
シルバーストーン×白フレンチネイル
シルバーのストーンで白フレンチの境目を全体的に繊細に飾り付けたネイル。できるだけ小さなストーンをチョイスし、流れるようにつけるところがポイントです。

カラーストーン

レッドストーン×白フレンチネイル
レッドのストーンをワンポイントにしたネイル。カラーが沢山入ると白フレンチネイルとはマッチしにくいですが、ひとつだけだとこんなにもさりげなくキュート!
ピンクストーン×白フレンチネイル
ピンクのストーンを白フレンチネイルの中心ではなくサイドにいくつか寄せて飾り付けた花束のようなネイル。ストーンと一緒にシルバーラメで葉っぱのように短い線もコーディネート。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
2015年秋はふんわり上品に☆ 旬のミルクティーカラーネイル

2015年秋はふんわり上品に☆ 旬のミルクティーカラーネイル

紅茶の琥珀色にこっくりしたミルク色が混ざってできる優しいカラー。男女ともに支持されている、このかわいくてシンプルなミルクティーカラーの色々なネイルアレンジをご紹介します!
すな | 83,218 view
この夏自分でトライできそう♪ シンプルおしゃれなネイルアート

この夏自分でトライできそう♪ シンプルおしゃれなネイルアート

ネイルサロンに行くのは時間もお金もかかる・・・。だったらセルフネイルに挑戦しましょう♡ 自分でもトライできそうなネイルデザインを集めてみました。この夏はシンプルネイルで楽しんで!
Reet | 16,224 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Ririingo Ririingo