2015年6月30日 更新

もしかしてすっぴん?と思われるナチュラルメイクの作り方

ナチュラルメイクを作るにあたって大切なパーツである目に注目。シンプルでありながらも印象的な目元をつくるナチュラルなアイメイクテクニックを紹介します。

2,632 view

手抜きにならないナチュラルメイクを目指そう!

ナチュラル美人に♪
きれいなすっぴんは女性の憧れ。でもなかなかうまくいくものではありません。それならばせめてすっぴん風のメイクをきれいに仕上げたいと思っている方はきっといることでしょう。そこで今回は特に顔の印象を大きく左右する目にスポットを当てたナチュラルメイクを紹介します。控えめでありながらも元の美しさがよくわかるアイメイクテクニックを習得してみましょう!

まずは失敗しないアイシャドウの選び方

肌馴染みのいいカラーチョイスがマスト
ナチュラルメイクにするためにはアイシャドウのチョイスを慎重にしましょう。一般的にはピンクやベージュなどの肌馴染みの良い色がいいとされていますが、メーカーによって微妙な色のニュアンスは異なります。同時に人の肌の色も千差万別。化粧品店のスタッフに聞いてみながら自分の肌にもっともしっくり馴染むアイシャドウを探してみましょう。

アイカラーベースを使えば滑らか素肌

珍しいアイテムを使って他の人と差をつけよう
アイカラーベースとは、その名の通りアイシャドウのベースとなる化粧品のこと。地肌を滑らかに美しく見せる効果があります。ちょっと塗っただけではそこまで違いはわかりませんが、ベースを塗っていない肌と比べると、その差は歴然。ナチュラルメイクをするときには欠かせないアイテムとはなりそうです。

立体感を出すために必要なアイシャドウとは

グラデーションを出せるカラフルパレットは女子の味方
アイシャドウにはさまざまなタイプのケースが存在しますが、ナチュラルメイクを施すときには、グラデーションを作ることができるパレットタイプのアイシャドウがマスト。目の際には濃い色、アイホールには薄い色をのせてグラデーションを作ると、立体感がありながらも自然な目元をつくることができます。

アイシャドウを塗るアイテムはブラシがベスト

サラッと色をつけるブラシでほどよいキラキラに
アイホールには色をつけるアイテムとしては、チップやペンシルがありますが気をつけないと色がくっきりとついてしまいがち。そこでおすすめはアイシャドウブラシを使うことです。パレットの上でパウダーの量を調整することができて、塗るときには力の加減ができることからほどよくナチュラルな目元をつくるために適しています。
アイシャドウは、チップやブラシなど幅の広いものでさっと塗ったほうがきれいに仕上がります。クリームアイシャドウなどは指の腹を使ってちょこんとつけるやり方もありますが、やっぱり道具を使ったほうがむらにならずにきれいに塗れると思います。
同じパレットにある複数色を使うときれいですが、色味によってはしっかりメイクに見えます。
肌に馴染む同系色の、アイホール用の薄い色、目の際用の濃い色をうまく使って自然なグラデーションを作るとナチュラルに仕上がりますよ。

年齢が出やすい涙袋もナチュラルメイクでフォロー

残ったアイシャドウでサラリと塗りつけると自然に

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
トレンドのすっぴん風メイクでナチュラル美人を作る方法

トレンドのすっぴん風メイクでナチュラル美人を作る方法

ナチュラルな透明感あふれるすっぴん風メイクは、女性なら誰しも憧れるもの。でも「ちょっと難しそうだな」なんて思ってはいませんか? 実はいくつかのポイントを抑えるだけで簡単に作ることができるんです。今回は基本的な美肌ケアから各パーツのメイク方法、すっぴん風メイクにおすすめの商品までをご紹介いたします。
naoomi | 13,692 view
しっかり盛ってるのにナチュラル♡ すっぴん風メイクのポイント

しっかり盛ってるのにナチュラル♡ すっぴん風メイクのポイント

男性はすっぴんが大好き♡ でも、本当のすっぴん状態で外に出る勇気はなかなか持てませんよね。モテ度最大級のすっぴんメイクなら、男性からも好印象間違いなし! 今回はすっぴんメイクのポイントとおすすめコスメをご紹介します。
サニーサイド | 75,025 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

alice0109maki alice0109maki