2017年1月23日 更新

オフィスでもOK?大人かわいい「外国人風ハイライトカラー」

オフィスでもおしゃれがしたい!でも会社のルールは厳しい…。そんな中今注目を集めているのが外国人風ハイライトカラーです!オフィスでもOKな外国人風ハイライトカラーとは?

18,115 view

外国人風ハイライトカラーとは?

会社でもOKなヘアカラー?
外国人風ハイライトカラーとは、分かりやすく言うと「部分ブリーチ」です。オフィスではルールが厳しいところは少なくありません。それでも見た目を美しくするように言われることもあります。そこで注目されたのが部分ブリーチの外国人風ハイライトカラー。部分的にハイライトを髪に入れて、外国人のような自然で柔らかい髪質に見せることができます。

外国人風ハイライトカラーにするメリット

ツヤ×透け感重視のニュアンスロング
透明感のある外国人風の透けカラーでふわっとした、柔らかそうな髪質にみえる!
黒い髪では重く暗い印象を与えがち。部分的ブリーチで髪にハイライトを入れると外国人風の柔らかく軽い髪質を演出できるようになります。自然になじむ明るいカラーなのでオフィスでもできるおしゃれヘアとして好評です。また、部分的なのでケアもしやすく、髪全体が痛む心配もありません。

外国人風ハイライトカラー&前下がりボブ

前下がりボブで今どきに
ボブというとオカッパですね。こけしのようだ、古臭い、と言われがちな髪型ですが、外国人風のカラーを入れれば今どきの流行スタイルに!髪全体に動きが加わり、ふんわりと軽やかな髪型にしてくれます。20代のオフィスガールには人気のヘアスタイルです。

外国人風ハイライトカラー&ミディアム

前下がりミディアムヘアで大人っぽく
オフィスで働く女性に人気の髪型に、外国人風ハイライトカラーをプラスするだけで一気に垢抜けスタイルになれます♪さらに、ワックスで遊び心を付け加えれば「仕事ができそうなおしゃれな女性」に大変身することも!クールなスーツもよく似合うヘアスタイルです。

外国人風ハイライトカラー&セミロング

重くなりがちなセミロングでもOK
映画「プラダを着た悪魔」以降、人気となったセミロングの内巻きヘアスタイル!重みがあって少し見た目も暑苦しい部分があったヘアスタイルに、ちょっと外国人風カラーをプラスすれば軽やかで柔らかいヘアスタイルに大変身します。

外国人風ハイライトカラー&ロング

ラベンダーカラーをプラス!
黒髪ロングだとカールもパーマも実はあまり目立ちません。しかし、そこに外国人風ハイライトカラーを入れれば、立体感が出てカールが目立ちやすくなります。お手入れのされたキレイなロングスタイルをアピールすることができますよ。こちらはラベンダーアッシュをハイライトとして入れており、明るすぎず動きのわかるロングスタイルです。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
毛穴もテカりも丸ごとスッキリ☆全部1,000円以下!夏のスキンケア特集

毛穴もテカりも丸ごとスッキリ☆全部1,000円以下!夏のスキンケア特集

夏のスキンケアといえば、毛穴、テカり、美白、UV対策、汗やニオイと、ケアしたいポイントがたくさんありますよね。今回は、そういったお悩み解消に役立つプチプラコスメを大特集。化粧水も、美容液も、すべて1,000円以下! 気になるコスメは@cosme shoppingですぐにお買い物できちゃいます。
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ」特集

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ」特集

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
髪型が軽やかに変わる!この秋冬はヘルシーカラーで外国人風に

髪型が軽やかに変わる!この秋冬はヘルシーカラーで外国人風に

この冬は赤みを抑えたベージュの一種、ヘルシーシナモンやヘルシ―ヘーゼルといった食べ物のような優しいヘルシーカラーのヘアに注目。外国人風のニュアンスが出せ、決めすぎずに優しい雰囲気が今の気分にぴったり。
momotan | 3,569 view
最新モテヘアカラーは甘くてかわいい「ベージュ」が人気♡

最新モテヘアカラーは甘くてかわいい「ベージュ」が人気♡

2015年トレンドのヘアカラーは何と言ってもベージュ! ベージュカラーと最新のヘアスタイルでかわいいモテガールになれそうです。いろんなヘアスタイル画像をまとめました♪
まめちちびびこ | 54,804 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

まめちちびびこ まめちちびびこ