2015年8月13日 更新

黒目が小さい…でも大丈夫!瞳を大きく見せるメイクのポイント

黒目が小さいと目力が弱い…。でもカラコンを使わずにどうにかしたい!そんな悩みを解消し、メイクで優しい印象の黒目にする方法をご紹介します。

23,985 view

黒目が小さいのが悩み…。

アイメイクで解決できます☆
黒目が小さいことに悩んではいませんか?実際、多くの人がその悩みを抱えています。でも、カラコンに抵抗がある方も多いですよね。そんな悩みを解決できる、カラコンをつけなくても優しい印象の目になるメイクをご紹介します。普段カラコンを使っている方も、この際に脱カラコンをしてみるのもいいですね。

一番重要!アイラインのポイント

アイラインで目の印象を強めて!
1.粘膜にアイラインを入れる
上まぶたの粘膜にアイラインを引きます。これをすることで黒目の幅が広く見え、目の大きさもアップします。
2.まつ毛の隙間もしっかり埋める
アイラインの基本ですが、これも重要。目頭側もしっかり埋めてくださいね。
3.黒目の上のラインを太くする
アイラインを引くときに、黒目の上は幅を太めに引きましょう。黒目の幅が大きく見えます。
アイラインの引き方で印象がガラッと変わるので、ぜひ力を入れてみてくださいね。

パッチリした目にできるマスカラのポイント

よりパッチリに見せるためには?
目をパッチリ見せてくれるマスカラにも、さらにデカ目に見せるポイントがあるんです。
1.マスカラ下地を使う
マスカラオンリーで使いがちですが、このひと手間でより長く綺麗に、より長持ちしやすくなります。
2.黒目の上をしっかり持ち上げる
まつ毛の黒目の上の部分を持ち上げるようにすると、上に広く見えますよね。これもちょっとしたテクニックです。
3.さらに黒目の上はしっかりマスカラを塗る
黒目の上をたっぷりめに塗って、黒目を強調します。
マスカラもただ塗るだけではなく、意識して黒目を強調するように心がけましょう。

目の幅を広げるには涙袋がポイント!

あるとないでは幅が全然違うんです
涙袋があるだけで「目」というもの自体の幅が大きくなりますよね。
■涙袋の作り方
1.ホワイト系のシャドウを下まぶたに塗ります。目頭側と黒目の中心をしっかりと塗ることで、ぷっくりとした涙袋にできます。
2.肌より少し濃い色のノーズシャドウやアイシャドウで影を作ります。ホワイトシャドウを塗った下にラインを引くように。塗りすぎるとクマのように見えるので注意。

奥二重さんにおすすめの方法

奥二重さんのためのアイメイク!
奥二重の目にアイラインをしっかり引くと、逆に目の印象がきつくなることがありますよね。そんな奥二重さん向けのおすすめアイメイクです。
1.アイラインはまつ毛の隙間を埋めるだけにする
奥二重の幅を活かすために、ラインを太く引きません。まつ毛の隙間を埋めて自然に目元を強調しましょう。
2.下目尻にもラインを
下目尻の1/3にペンシルでラインを引きます。こうすることでタレ目っぽくなり、きつい印象を柔らかくすることができます。
3.きらきら涙袋で可愛い印象に
ホワイト系のアイシャドウを目頭と黒目の下にオン。
元の二重幅を活かしているので、自然に優しい目元にすることができます。
奥二重でお悩みの方はお試しあれ!

そんなメイクにぴったりのおすすめのコスメ

msh(エム・エス・エイチ) / ラブ・ライナー リキッド
描きやすさと落ちにくさが人気のリキッドアイライナー。美容液がたっぷりと配合されているので目元にも優しいです♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
愛され顔といえば!浅田真央さん風アイメイクのHOW TO

愛され顔といえば!浅田真央さん風アイメイクのHOW TO

浅田真央さんのアイメイクにこめられた工夫も含めHOW TOをご紹介していきます。奥二重さんや一重さんにも必見です。
まめちちびびこ | 9,619 view
パッチリおめめに! 奥二重のデカ目ナチュラルメイクテクニック

パッチリおめめに! 奥二重のデカ目ナチュラルメイクテクニック

一重 / 奥二重さんは、ぱっちりおめめの二重に憧れますよね。メイクでどうにかしようとしてもうまくいかなかったり、メイクが濃くなる・・・。そこで今回は、一重 / 奥二重さんにおすすめのナチュラルメイクでデカ目をつくるテクニックをご紹介します。
stk | 6,545 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

朝比奈メイサ 朝比奈メイサ