2017年1月30日 更新

どのヘアケアよりも簡単♡ツヤ髪になれるブラッシング方法とは

ヘアケアの基本であるブラッシングは、さまざまな美容効果があります。トリートメントのように、乾燥知らずなツヤ髪を作る力もあるってご存じでしたか?そこで、正しいブラッシング方法からおすすめのブラシ製品までまとめました。

8,836 view

ブラッシングでアンチエイジング♡

上手くヘアブラシを使えていますか?
ブラッシングは、寝ぐせを直したりヘアスタイルを整えるだけだと思っていませんか?正しいブラッシング方法を毎日の習慣にすることで、美髪に導くことができちゃうんです♡髪の毛にツヤやコシがない、抜け毛が気になるという人は特に必見です!正しいブラッシング方法をチェックしてみましょう♪

ブラッシングの美容効果

嬉しい効果がたくさんあるんです♡
ブラッシングすると髪の毛についたほこりや汚れを取り除くことができるので、髪がサラサラになります。また、頭皮の皮脂を髪全体に行き渡らせることができるので、髪に潤いとツヤを与えることができるのです。さらに、ブラッシングには頭皮マッサージ効果によって顔をリフトアップさせる効果も。頭が凝っていると顔の皮膚を引き上げる力が弱まるため、シワやたるみ、目の下のクマなどさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。頭皮をブラッシングするとマッサージ効果が得られるので、新陳代謝のアップや血行促進につながって顔色が明るくなり、顔全体のリフトアップが可能に。他には、抜け毛や白髪、頭痛対策としても効果を発揮します!

ブラッシングのタイミング

タイミングによって効果が少し変わります
ブラッシングをするべきタイミングは決まっていませんが、おすすめのタイミングはシャンプーの前です。ホコリやフケを落とすことができるので、シャンプーの洗浄効果が高まります。また、髪のからまりをほどくことができるので抜け毛を予防することにもなるんです☆リラックス効果もあるので、就寝前や帰宅後のブラッシングもおすすめ。

ブラッシング方法

1.正しい髪のとかし方<ブラシ実践編> - YouTube

動画では、基本的な4つのブラッシング方法を紹介しています。正しいブラッシングをすれば、髪の毛のケアはもちろん、スタイリングもしやすくなります。

ブラッシングでのNGなこと

無理にとかさないこと!
毛先から丁寧にとかすことが、ブラッシングのポイント。女性は髪の長い人が多いので、毛先がからまりやすくなります。一気にとかしてしまうと、無理に毛先を引っ張ってしまうので、切れ毛や枝毛の原因に。まずは毛先のほつれを滑らかにしておきましょう。もしも途中で引っかかっても無理にブラシを通すのはNGです。どんな時でも丁寧で優しいブラッシングを心がけましょう。

ブラシの選び方のポイント

ヘアブラシにはさまざまな種類があります
できれば、ブラッシング専用のブラシを用意しましょう。髪の毛はクシでもとかすことはできますが、先端がとがっているものだと頭皮を傷つけてしまいます。そうすると、ブラッシングの効果も半減してしまうのです。先端が丸くなっていて心地よさを感じられるブラシを選びましょう。素材は天然素材を使用しているタイプがおすすめ!値段が安いナイロン素材のブラシは頭皮に負担がかかりやすく、静電気も起きやすくなります。動物の毛などが使用されたブラシは頭皮にも優しいのでおすすめですよ♡

おすすめのヘアブラシ

関連する記事

こんな記事も人気です♪
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
美容院帰りの髪をセルフで再現♡ 髪の毛をサラサラにする方法

美容院帰りの髪をセルフで再現♡ 髪の毛をサラサラにする方法

指通りの悪い髪の毛だとテンションが下がりますよね。まるで美容院帰りのようなサラサラな指通りをセルフで手に入れましょう! 髪の毛をサラサラにする方法とコツを伝授します。
Ririingo | 16,874 view
知らなかった! ツヤ髪はヘアブラシの使い分けで作れるんです♡

知らなかった! ツヤ髪はヘアブラシの使い分けで作れるんです♡

憧れのツヤ髪。実はヘアブラシの使い分けで作れるって知っていましたか? ドライヤーで乾かす際にするちょっとした工夫がそれ。ブラッシングで作るツヤ髪の方法をご紹介します。
biche | 7,704 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

sayamimi sayamimi