2016年4月20日 更新

ナチュラルメイクはチークが鍵!キレイになれる色と使い方

メイクしてないように見えるのに、欠点はカバーできているナチュラルメイクですが、実はチークが鍵。今よりもっとキレイになれる、チークの色と使い方をご紹介!

2,925 view

話題のナチュラルメイクとはどんなメイク?

ナチュラルメイクで自然な美しさを
出典 chiprx.com
ナチュラルメイクで自然な美しさを
ナチュラルメイクとは、まるでメイクしていないかのようにナチュラルな状態に見えるのに、実は作り込んであり欠点はしっかりカバーしているメイクのこと。ベースメイクを厚塗りせず、透明感が感じられるように作るのがポイントですが、チークの入れ方もナチュラルかどうかの印象を大きく左右しているのです。

メイクの雰囲気を左右する、チークの役割とは

チークで作る立体感
ベースメイクのみでチークを入れないでいると、顔にメリハリがなくのっぺりして見えませんか?メイクにおけるチークの役割は、まずは立体感を演出できること。また自然な血色感を与えて健康そうな顔に見せられるため、上手く使えばメイク全体の透明感が増し、厚塗りな印象を避けることができます。

リキッドファンデーションにはこんなチークを

クリームチークは薄くのばして
ナチュラルメイクのベースにリキッドファンデーションを使ったなら、なじませやすいクリームやリキッドタイプのチークを使ってみましょう。ただしつけ過ぎは厚化粧に見せてしまい、ナチュラルメイクから遠ざかってしまいますので、あくまでも自然に。つけ過ぎを防ぐためには手の甲にとって、少しずつつけて伸ばしましょう。

パウダーチークもつけ過ぎに気をつけて

パウダーチークは粉を落してから
最近はテクノロジーが進化して、パウダーファンデーションでも粉っぽくなくナチュラル感のあるものが出ています。ベースでパウダーファンデーションを選択したらチークもパウダーになりますが、その際もクリームチークと同様つけ過ぎないこと。ブラシにつけたチークを一度払うなどして、つけ過ぎを防止しましょう。

色は不自然にならないサーモンピンク系で

サーモンピンクならナチュラル感が
出典 ameblo.jp
サーモンピンクならナチュラル感が
ナチュラルメイクには、チークの色はどのようなものを選べばいいのでしょうか?失敗が少ないのはピンクで、暗すぎないピンクベージュや、サーモンピンクっぽい色をふんわりと入れるのがおすすめ。浮いてしまいがちな青みがかった色、レッド寄りの濃い色は、ナチュラル感を大切にするなら避けた方がよいでしょう。

チークを入れる正しい位置をおさらい

チークは正しい位置に入れてこそ効果が
今までチークといえばまん丸に入れていた人は要注意!ナチュラルメイクでのチークは、骨格にそった入れ方をすべき。正しくは頬の高い位置に沿って、こめかみへと楕円形に入れます。これで頬が強調され、立体感と血色感が生まれます。開始点は黒目の鼻寄りの端から下にラインを設定し、その外側に入れましょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
髪色に合わせてチェンジ☆ ナチュラルメイクでのカラーの選び方

髪色に合わせてチェンジ☆ ナチュラルメイクでのカラーの選び方

ヘアカラーは変えてもメイクはいつもと同じカラーを使っていませんか? ヘアカラーに合わせた色選びをすると美しさが増します。ヘアカラー別におすすめのメイクアイテムをご紹介。
ハットハット | 18,807 view
流行りは「カラーレス」! ベージュチークで大人っぽ顔を作る

流行りは「カラーレス」! ベージュチークで大人っぽ顔を作る

流行に敏感な女子の新しいメイクのトレンドと言ったらカラーレスメイク。今回はそんなカラーレスメイクのチークにヒューチャーしてみました。大人っぽさを出したいなら要チェックです!
mayu♡ | 24,567 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

momotan momotan