2017年1月6日 更新

追いかけられる女になる♡~今日からはじめられる3つの自分磨き~

追いかける恋愛から追いかけられる恋愛に変えてみませんか?今回は、追いかけれる女になる方法をご紹介いたします♪

11,662 view

追いかけられたいっ♡

彼の方から追いかけてきてくれる
「追いかける恋愛」と「追う恋愛」、あなたはどちらのタイプに当てはまりますか?

どちらかが正解というわけではありませんが、どっちかというと、追いかける恋愛の方がいつでも自然体でいられそうですよね。一方、追う恋愛はどんなときも彼のために頑張っていなければいけないうえに、息抜きする暇もありません。

彼に追いかけてきてもらえるようになったら、今よりももっと楽に付き合えて、毎日、自分のペースで過ごせるようになるかもしれませんよ。追いかけてきてくれる女になるためにも、まずは今日からはじめられる3つの自分磨きをチェックしてみましょう♡

コツコツ続けて結果を出す

何か一つ、コレっていうもの♪
彼に追いかけてきてもらうためには、彼のことを忘れられるくらい何かに夢中になってみましょう。仕事が終わった途端に彼へ連絡しているようでは、まだまだ追う恋愛から卒業できていない証拠。まずは、仕事や趣味に打ち込んで「コツコツ積み重ねる楽しさ」や「成果に結びついたときの達成感」を感じられるように頑張ってみましょう。

何か一つでもコツコツと続けるためには、恋愛に気をとられている暇はなく、何よりもそのことを優先させなければいけません。彼の方から「近々会える時間、作れない?」と言ってきたら、あなたが一歩成長したことになるかもしれません♡

勉強をする

努力は自信に繋がる!
仕事や趣味以外にも、一つ、二つ何か学んでみたいことを探して勉強を続けてみましょう。たとえば、占いや心理学に興味があるなら、資格勉強を進めてみたり、通信講座をとったりと、何か一つアクションを起こしてみてください。カフェやお家で勉強しているうちに表情も変わり、きっと前向きでいられる時間が増えるはず。

わざわざ試験を受けて資格をとらなくても、新聞を読んで分からない単語を辞書で調べるだけでも一つの勉強になります。外見だけでなく中身を磨いていくことで、きっと彼もあなたを手放したくないと思いますよ♡

弱い部分をみせる努力をする

本当は強くなんかない…
彼に全く頼らず一人で過ごしすぎるのも、それはそれで大問題。仕事で疲れたときや悩んでいるときは、自分で解決しようとせず、彼に思う存分甘えてみましょう。普段は強気でいる彼女が自分の目の前で弱音をはいていると、男性としては胸キュンしてしまうものなんです。

なかには「彼に迷惑かけちゃうから…」と、彼に対して不満に思っていることがあっても、ギリギリまで溜めてしまう人がいますが、そういう人に限って、あっという間にお付き合いが終わっちゃうなんてことも。

弱い部分を100%みせる必要はありませんが、小出しにしつつ、ぼそっと「支えてほしいんだ…。」とつぶやけば、きっと彼の心のスイッチが入り、全速力で追いかけてきてくれるでしょう。

「ほどほど」に頼るのがイチバン♪

あまり期待しないでおこ~っと♡
いかがでしたか?

彼の方から追いかけてきてもらうためには、「ほどほど」に頼るのがイチバン♪
大きく年齢差が離れているならまだしも、多少の差しか開いていなら、あなたもそうであるように彼も自分以外の他人を受け入れる余裕なんて、なかなかできません。ここぞ!というときは頼って、あとは自分の力で乗り越えていく術を身に付けると、お付き合いも自然と続いていきますよ♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
脱こども! 大人の色気を手に入れるための5つの方法

脱こども! 大人の色気を手に入れるための5つの方法

いつまで女子高生みたいにキャピキャピしてるつもり? 大人の女性の色気って憧れますよね。大人の女性としての色気を手に入れる方法をご紹介します!
サセヒトミ | 11,929 view
男性を虜にする「ロールキャベツ女子」ってどんな女の子なの?

男性を虜にする「ロールキャベツ女子」ってどんな女の子なの?

時代と共に変化するモテる女性像。今どき男性が求めるのはロールキャベツ女子だとか。男性の気持ちを掴んで離さないロールキャベツ女子とはどんな女性なのでしょうか?
Reet | 39,163 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Erica Erica