2017年8月3日 更新

超ロングセラー!オードムーゲ「ふきとり化粧水」人気の秘密

50年以上にわたって愛される超ロングヒットふきとり化粧水「オードムーゲ 薬用ローション」。その魅力と人気の秘密に迫ってみました!さらに効果的な使い方も紹介したいと思います。

40,214 view

超ロングヒット商品!オードムーゲのふきとり化粧水

オードムーゲ / オードムーゲ 薬用ローション
160ml・970円 / 500ml・2,600円
肌の余分な汚れ・皮脂を取り除いて、肌を清潔に保ち、うるおいを与えるローションです。抗炎症成分配合。
1961年に小林製薬から発売されたふきとり化粧水「オードムーゲ 薬用ローション」。一時期は購入できるドラッグストアが減少するなど、売り上げが低迷していましたが、近年その魅力が再評価されブームとなっています。そこでオードムーゲの化粧水の魅力、人気の秘密に迫るとともに、効果的な使用方法を紹介したいと思います。

オードムーゲ / オードムーゲ 薬用ローション商品情報 −@cosme(アットコスメ)−

オードムーゲ / オードムーゲ 薬用ローション商品情報 −@cosme(アットコスメ)−
化粧品のクチコミサイト@cosmeのオードムーゲ / オードムーゲ 薬用ローションの商品情報です!オードムーゲ 化粧水の口コミ(14510件)や、Q&Aなどの情報をアットコスメでチェックできます。

オードムーゲのふきとり化粧水っていったいなに?

マスコットキャタクターは「ムゲッチ」とのこと
オードムーゲとは、小林製薬が展開するスキンケアブランドです。その中でも人気なのがふきとり化粧水です。なんと発売から55周年を迎えました!抗菌作用を含みつつも、低刺激でさっぱりとした使用感が人気です。

オードムーゲ、その実力は?

A post shared by かりん ‎ (@_neconabe_) on

安定の高評価!
オードムーゲの実力派その人気が証明してくれます☆@cosmeベストコスメアワードでは2年連続で2位に輝いています。2014年以前の受賞はなんと2000年!長く愛されているアイテムであることがうかがえますね。
@cosmeベストコスメアワード2015 ベスト化粧水 第2位
@cosmeベストコスメアワード2014 ベスト化粧水 第2位
2000年@cosmeベストコスメ大賞 化粧水部門 第2位

オードムーゲの効果は?

いつも清潔な肌を
いつも清潔な肌を
肌の古い角質や余分な皮脂を落とし、肌を清潔に保つオードムーゲの化粧水。肌荒れ予防やうるおい補給もしっかりサポート。顔だけでなく全身に使うことも可能なんです!

大人ニキビに効果があるってほんと?

厄介な大人ニキビから肌を守る、とクチコミでも評判
厄介な大人ニキビから肌を守る、とクチコミでも評判
オードムーゲは抗炎症成分配合。肌あれを防ぐとともに、ニキビの原因菌を殺菌する作用も期待できます。「大人ニキビ対策として使っている」というクチコミも多いので、お悩みの人はいちど試してみては?

知ってる? オードムーゲの正しい使い方

ふきとってさっぱり!
ふきとってさっぱり!
コットンにたっぷりとローションを含ませてからふきとっていくのが、オードムーゲふきとり化粧水の正しい使い方。毎日のスキンケアの中で手間にならないほどとっても簡単です。肌の汚れや余分な皮脂、古い角質やメイクの残りまでも取り除いてくれます。また、オードムーゲシリーズで、洗顔→ふき取り→保湿、の順番で使うのもおすすめ。

オードムーゲファンの声!

中には熱狂的なファンも♪
(ミシミラさんの投稿写真)
ロングヒット商品だけにファンが多いのもオードムーゲの特徴。そこで実際にファンの声を集めてみたのでご紹介していきます。スキンケア商品をお探しだという方はぜひ参考にしてみてくださいね♪
様々な化粧水を使っていますが、
全身用に使うにはオードムーゲが一番です。
日焼けの時のケアにもとても気持ちいいです。
もったいぶらずにバーっと体全身に使うのがおすすめです。
正直そんなに期待してなかったですが、値段含め満足です。
初めなので小さいサイズを購入しましたが、次は大きい方を購入予定です。
高校生時代からの愛用品。1年間使ってなかったのですが、生え際のポツポツと時々出てくるあごの大人ニキビが気になり再購入。

まとめ

スキンケア商品の老舗として長く愛されてきたオードムーゲのふきとり化粧水。これだけ長く支持されるのにはやっぱり理由があったんですね。まだ使ったことがないというあなた、ぜひ歴史に裏打ちされた使い心地を試してみてくださいね!

小林製薬 オードムーゲ口コミ一覧(新着順) −@cosme(アットコスメ)−

小林製薬 オードムーゲ口コミ一覧(新着順) −@cosme(アットコスメ)−
こちらは@cosme(アットコスメ)のオードムーゲのクチコミ一覧ページです。人気のコスメや新商品のクチコミが新着順でチェックできます。

全部1,000円以下!美肌を叶える「夏のスキンケア」特集 - biche(ビーチェ)

全部1,000円以下!美肌を叶える「夏のスキンケア」特集  - biche(ビーチェ)
夏のスキンケアといえば、毛穴、テカり、美白、UV対策、汗やニオイと、ケアしたいポイントがたくさんありますよね。今回は、そういったお悩み解消に役立つプチプラコスメを大特集。化粧水も、美容液も、すべて1,000円以下!気になるコスメは@cosme shoppingですぐにお買い物できちゃいます。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

コスパよく旬顔を叶えられるプチプラまとめの保存版を公開★今っぽいメイクを手軽に楽しみたいときに大活躍してくれるのが、ドラッグストアなどで買えるプチプラコスメ。今回はこれまでに公開されたプチプラコスメなどの記事をまとめてご紹介します。それぞれの定番コスメに加え、ハイライト・チーク・ティントリップといったアイテム別のピックアップにも注目です。
ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

2018年秋冬の新作コスメをトレンド別に大公開★ツヤやベルベットなどの質感、ピンク・レッド系やカーキ・グリーン系などのこの秋トレンドの色別に分けてたっぷりとご紹介します。プチプラからデパコスまで盛りだくさんなので、あなたの欲しいアイテムが見つかるはず♪
パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

あなたの魅力を輝かせるパーソナルカラー診断をもとに、秋冬の装いを盛り上げるメイクアップアイテムをご紹介♪新作&新色のアイシャドウ・チーク・リップからあなたの肌色にマッチするコスメを見つけて、華麗なドレスアップを叶えましょう!
【大人ニキビ対策】化粧水ランキング!市販のプチプラなど18選

【大人ニキビ対策】化粧水ランキング!市販のプチプラなど18選

気になる大人ニキビのケアには丁寧なスキンケアが不可欠。今回はしっとりと保湿して肌トラブルにアプローチする、おすすめ化粧水をご紹介します。使い心地◎の人気デパコスから、ドラッグストアなど市販で買える定番プチプラコスメまで、アットコスメでもランキング上位の実力派だけを集めました。
@cosme編集部 | 431,671 view
【無印良品の化粧水】人気アイテム含めた全シリーズを一挙公開★

【無印良品の化粧水】人気アイテム含めた全シリーズを一挙公開★

クチコミで幅広い年齢層の人たちから支持を得ている「無印良品」のスキンケアシリーズ。中でも化粧水はシンプルかつ肌にやさしい作りと、コスパの良さで大人気のアイテム。今回はそんな化粧水のラインナップを全て公開!定番の「敏感肌用」シリーズから、新たに加わった「クリアケア」シリーズまで完全網羅します♡
@cosme編集部 | 24,490 view
毛穴・テカリに★無印から話題の新作「クリアケアシリーズ」登場

毛穴・テカリに★無印から話題の新作「クリアケアシリーズ」登場

こだわりの原料とコスパの良さで高い人気を得ている「無印良品」。新スキンケアライン「クリアケアシリーズ」は、毛穴やキメ、肌荒れが気になる肌を整え、みずみずしい健やかに導くラインナップが特徴です。化粧水や乳液、フェイスマスクなど、どれも柑橘系の香りを使った爽やかな使用感なので、これからの季節にもぴったり♪早速チェックしましょう!
@cosme編集部 | 57,561 view
@cosmeベストコスメ2017★プチプラ保湿コスメを総まとめ!

@cosmeベストコスメ2017★プチプラ保湿コスメを総まとめ!

2017年12月に発表された「@cosmeベストコスメアワード2017」。今回は、ベストコスメを受賞したアイテムの中から、2,000円以下で購入できる優秀保湿スキンケアをまとめてご紹介します♪化粧水や乳液、ボディケアまで、14アイテムをさっそくチェックしてみて!
@cosme編集部 | 39,736 view
機能&コスパ最強!手放せなくなるドラッグストア化粧水10選

機能&コスパ最強!手放せなくなるドラッグストア化粧水10選

ドラッグストアにある化粧水はコスパもよく、機能が高いものが多いですよね。今回はたくさんある化粧水の中から、おすすめの化粧水を10個厳選しました♪
Pheme | 115,257 view

この記事に関するタグ

この記事のキュレーター

Reet Reet