2015年6月30日 更新

梅雨に負けない!ボサボサしない簡単ヘアアレンジ

雨の多い梅雨の時期、髪がうねったりボサボサに広がったりと髪にとっては憂鬱な季節ですよね。そんな梅雨を可愛いヘアアレンジで乗りきってみませんか?うまくアレンジすれば、うねりもボサボサも気にならなくなりますよ♪

雨の日にこそ、可愛いヘアアレンジを!

梅雨こそヘアを楽しもう♪
梅雨の時期、雨が多くてただでさえ気分が落ち込みがちなのに、湿気のせいで髪もうねりやすくなってさらに気分が落ち込みますよね。でも、そんなときこそうねりが気にならない可愛いヘアアレンジをして、気分を上げて梅雨を乗り切りましょう♪

お団子+カチューシャで無造作アレンジ

時間がない朝にもおすすめ!
カチューシャが広がりを抑える役割もしてくれる大人可愛いヘアアレンジです。アレンジは次の3ステップでできちゃいます♪
1.前髪をカチューシャでオールバックにした後に、少し前に戻して前髪を少したるませます。
2.手ぐしで耳の下のあたりに一つ結びを作ります。
3.束ねた髪をねじりながらお団子にして、全体を少しほぐしたら完成です。

まとめすぎず、ちょこっとルースに無造作感を出すのがポイントです♪

くるりんぱで簡単可愛いアレンジ!

3回くるりんぱするだけ!
バックスタイルも可愛いヘアアレンジです。1分ほどで簡単にできますよ♪
1.髪を上段、中段、下段に分けて作ることを頭に入れておきます。
2.上段の髪をひとつにまとめてくるりんぱします。
3.その上段の髪と中段の髪を一緒にくるりんぱ。
4.下段も同じようにくるりんぱしたら、できあがり!

くるりんぱは簡単に可愛くヘアアレンジができちゃうので、是非覚えておきましょう♪

ハーフアップは、うねりを抑えるのにぴったり!

ツイストを使ったハーフアップ
ハーフアップで上半分の髪をまとめておけば、うねりもボリュームアップも気になりにくくなります!ツイストするだけなので、簡単です♪
1.髪全体をアイロンで軽くまいておく。
2.前髪をツイストしてバックでピンで留めます。
3.ツイストをほぐして、トップの高さを少し出したら完成!

お団子アレンジなら、広がらない+可愛い♡

低めのお団子で大人可愛く!
お団子でまとめたヘアスタイルは、ボサボサやうねりも防げて可愛いスタイルです。
1.左サイドでひとつにまとめる。
2.ピンなどを使って毛先を少し残したお団子を作ります。
3.毛先をアイロンで巻いて、お団子をすこしほぐして抜け感を出します。
4.リボンバレッタをゴムを隠すようにつけたら完成です。

全ての毛をお団子でまとめるのではなく、少し後れ毛を出してまとめきらないのがポイント♪

ツイストでまとめれば、うねり防止に!

ダブルツイストで可愛いスタイル
ダブルツイストアレンジなら、多少のうねりなら気にならずボリュームも抑えられます。
1.髪をセンターでジグザグに分けておきます。
2.左の髪を右耳あたりまでツイストしてピンで留めます。
3.右の髪を左耳のあたりまでツイストして残りの髪は下に垂らしておくと完成です。

うねりもごまかせて、アシメがお洒落なヘアアレンジですね♪
梅雨の時期にしたいアレンジを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。どのアレンジも雨の日に気になるうねりやボリュームを抑えられるアレンジばかりです。アレンジは、きちんとしすぎているものよりも、多少ほぐれているようなものが抜け感があって素敵ですよね。雨の日のうねりもあえて活かして、梅雨に負けないアレンジを楽しみましょう♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
梅雨の髪型に悩んだら! ミディアムヘアのトラブル解決テク

梅雨の髪型に悩んだら! ミディアムヘアのトラブル解決テク

梅雨どきに女性が悩むことは、やっぱり髪型! ハネたりふくらんだり、いつもと違う髪の様子にヘアアレンジしようとしてもうまくいかない人も。梅雨のヘアトラブルの理由と、梅雨向けミディアムのヘアアレンジをお伝えします。
雨の日ってイヤ! 湿気に負けないキマるヘアアレンジ

雨の日ってイヤ! 湿気に負けないキマるヘアアレンジ

雨の日は湿気が多く、なかなかキマらないヘアアレンジに困っている人も多いのでは? 雨の日にヘアスタイルが乱れる原因を知って、湿気にも負けないアレンジを覚えましょう♪

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

yoppy yoppy