2018年4月26日 更新

【トレンドアイの作り方】アイライナーでたれ目もネコ目も叶う!

アイライナーとは、目元の印象を際立たせて目力をアップさせる役割を持ちます。今回は、細い毛先でシャープなラインが描けるリキッドアイライナーを使って、今旬の4つのラインをタイプ別にご紹介!色味は、目元を優しく強調するブラウンカラーをピックアップしてみました。

8,363 view

今時のトレンドアイを作るなら断然ブラウン!

ナチュラルなブラウンは優しい目元に
ナチュラルなブラウンは優しい目元に
アイライナーと一口に言っても色味や種類は様々。どれを選べばいいか迷うところですが、わざとらしくない自然なデカ目を手に入れるにはブラウンカラーがおすすめです。今回は、ブラウンカラーのリキッドアイライナーを使って、雰囲気の異なる顔になれる4タイプのアイラインの描き方をご紹介します。「たれ目ライン」「跳ね上げライン」「黒目強調ライン」「囲み目ライン」の描き方をマスターしてナチュラルな目力を手に入れましょう!

「ブラウン」のリキッドアイライナーを選ぶ理由

肌馴染みの良いブラウンカラーでやわらかい印象に
(ねこにゃん3さんの投稿写真)
流行中のメイクに欠かせないのが「抜け感」ですよね。アイメイクにブラウンカラーを持ってくることによって、辛口すぎないナチュラルなメイクが完成。程よい抜け感が作る優しい雰囲気は、洗練された印象も作り上げます。ここからは、おすすめのブラウンアイライナーで作る4つのタイプ別トレンドアイをご紹介!

【たれ目ラインの引き方】キュンとする目元に♡

まんまるな目でベビーフェイスが叶う
下がった目尻が特徴的で、女性というよりも女の子らしい優しい印象に仕上がります。ラインは、目尻より長めに下げるイメージで描くのがおすすめ。
(ma_akoさんの投稿写真)
【たれ目の特徴】
目尻が下がっていて優しい雰囲気なたれ目さん。芸能人で言うと、石原さとみさんや有村架純さんなどが挙げられます。ベビーフェイスで、実年齢より若く見られる方が多いのも特徴。老若男女問わず愛される方が多いです。
【たれ目ラインの引き方】
1.目頭から目尻にかけてまつげのキワに細くラインを引く
2.1で引いたラインをそのまま目の角度に沿って目尻より4mmほど長めにひく
3.まつげとラインの間に塗り残しがないか確認する。塗り残しがあった場合は、まつげとまつげの間を細かく埋めるように意識しながら塗る

ダークブラウンで目元を優しく引き締める

ラブ・ライナー リキッド / エムエスエイチ

0.55ml・1,600円
スタイリッシュな重厚感のあるアルミボトルのおかげで細いラインも安定感があり描きやすい。コシのある毛質でラインの太さも自由自在です。水や汗で濡れてもヨレにくいウォータープルーフタイプ。
肌馴染みの良いダークブラウンカラー
0.1mmという極細毛で細かいラインも自由自在。ブラウンカラーを使うことで、ナチュラルな抜け感メイクに仕上がります。
(ma_akoさんの投稿写真)
さすがラブライナー!!!コシのある筆のお陰でしなやかで描きやすかったです。

擦ってもヨレないので夏場のメイクにも良さそうです。

高発色でにじみにくいのにお湯で簡単オフ

デジャヴュ / ラスティンファインa 筆ペンリキッド

やわらなか毛質でなめらかに描ける。美容液成分が配合されているので、肌をいたわりながら目力をアップさせます。皮脂やこすれに強くキレイなラインを長時間キープ。
瞳の色に合わせた色をチョイス
自分の瞳に近いブラウンカラーで一体感が生まれます。描いてるけど描いてない、そんな自然なナチュラルメイクの完成。
(yudu*mamaさんの投稿写真)
こちらの色の発色がとてもきれいです。
ブラウンならみんな同じなんじゃないかと思っていましたが間違い・・
綺麗なブラウンだと思います。

【跳ね上げラインの引き方】キリっとシャープな目元に

目尻からゆるやかなUラインを描く
キリっとした跳ね上げラインで、横幅がプラスされデカ目効果絶大。目尻を一度下げた後、ゆるやかに跳ね上げれば完成です。
(napppy0201さんの投稿写真)
【跳ね上げ(ネコ目)の特徴】
桐谷美玲さんのような、キリっと横長でのネコ目さんはネコのような大きな丸くツリ上がった目が特徴。甘えたり、距離を置いてみたり、駆け引きが上手なタイプの方が多い印象を受けます。くっきりと大きな瞳が最大の魅力♡
【跳ね上げラインの引き方】
1.目頭から目尻までまつげのキワを埋めるようにラインをひく
2.1でひいたラインを、下目尻の延長線を描くようなイメージでゆるやかに跳ね上げる

細部まで繊細なラインが描ける

インテグレート / スーパーキープ リキッドライナー

0.5ml・950円 (編集部調べ)
汗に強くにじみにくいのにクレンジングでスッキリ洗い流せます。筆先が細くコシもあるので目尻の跳ね上げもお手の物。アッシュブラウンカラーで優しい色味の目元に仕上がります。
一日にじます発色もキレイ
高コスパで高発色と話題のリキッドアイライナー。太さの異なるラインも描きやすいので、目尻の跳ね上げラインにもってこいのアイテムです。
(パティLOVEさんの投稿写真)
アイライナーって上手く引けないので苦手で、ここぞって時にしか使用していなかったのですが、これなら不器用な私でもまつ毛の間を埋めれて、スーッとラインが引けました^ ^

筆のコシ?があってすごく描きやすい!
長時間全然にじむこともなく、本当オススメです!またリピートすると思います★

チョコレートのような甘い色

キャンメイク / ラスティングリキッドライナー

900円
ナチュラルなデカ目を演出できるビターチョコブラウンのリキッドアイライナーです。0.5mmの非常に細い筆が織りなすラインは目のキワまでキレイに描けます。
丁度良い暗めブラウン&滲みにくかったため高評価!
細くて描きやすく、滲みません。安いのでまた買います。
日中は落ちないけど、メイク落としでは簡単にオフ出来ます。とにかく使いやすい。コスパに優れたリキッドライナーです。

【黒目強調ラインの引き方】ぐるっと大きな丸目に♡

ポイントは黒目の上だけラインを太く
黒目の上だけラインを太くすることによって、目の縦幅がプラスされデカ目に。優しい色味で柔らかく仕上げます。
(さやりく☆さんの投稿写真)
【黒目の印象が強い人の特徴】
まるで赤ちゃんのような大きな瞳で、守ってあげたくなるような可愛さが特徴。佐々木希さんや深田恭子さんのように、年齢を重ねてもいつまでも可愛いと言われる秘密は大きな黒目にありました。ナチュラルなのに目がぱっちりとしていて好感度◎。
【黒目強調ラインの引き方】
1.目頭から目尻にかけてまつげのキワにラインを引く
2.黒目の上のみ太目にラインを引く

圧倒的な描きやすさとにじみにくさ

フローフシ / モテライナー リキッド

1,500円
ブラウン系やピンク系シャドウとの相性も良いブラウンライナーは、目元を優しく彩ります。匠の手揉みによって生まれたブラシは描き心地抜群。汗、涙につよくにじみにくい、そして、落ちにくい。なのにお湯でオフできる優れものです。
するする描ける細いライン
思いのまま描けてパンダ目知らず。ナチュラルなのに目力をちゃんと主張してくれます。コシのある毛先でぶれないラインが描けるので初心者にもおすすめ。
(aaayukさんの投稿写真)
アイライナーは目を大きく見せつつ優しい印象になるブラウンブラックを使用しています。まず、筆にコシがあって描きやすいです。ラインがしっかり描けるし、へんに曲がったりしないので、はね上げラインもすごく描きやすいです。

落ちにくさのパワーは圧巻!

ヒロインメイク / スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

0.4ml・1,000円
細筆で描きやすくにじみにくい。滑らかにストレスなく描けるラインは細かい部分もお手の物。涙や汗にも強く1日中キレイなラインが続きます。
0.1mmの極細毛で繊細なラインもお手の物
汗や涙に強いウォータープルーフタイプ。アイシャドウやマスカラの色も損ねず、自然に色づきます。
(さやりく☆さんの投稿写真)
ブラウンを使用してます。
しっかり色付くし、落ちないのでオススメです。
中々なくならないのでコスパもいいと思います。

【囲み目ラインの引き方】色っぽい目元に

下まぶた3分の1にもラインを引く
目の全体を囲むときつい印象になってしまいますが、下まぶたに目尻から黒目にかけてラインを描くことで自然な囲み目に。また、ブラウンカラーを使うことで優しい印象にもなります。
(macaroonsさんの投稿写真)
【囲み目の人の特徴】
栗山千明さんや米倉涼子さんといった、芯がある強い女性を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?しっかりとした目力がありますが、大人の女性らしい柔らかさが残った印象的な目元に。思わず惹きこまれてしまいそうな大きな目元がミステリアスで魅力的です。
【囲み目ラインの引き方】
1.目頭から目尻にかけてまつげのキワに細くラインを引く
2.下まぶたの目尻から3分の1の長さまでラインを引く(黒目の外側ぐらいまでのイメージ)

まつげの隙間を埋めやすい極細毛

キングダム / リキッドアイライナーS

1,200円
コシのある筆で、筆先が折れず描きやすい。水にも汗にも強いダブルプルーフ処方です。赤みのあるディープブラウンで囲み目ラインも優しく黒目を強調。
ブラウンでもしっかり目力アップ
ブラウンライナーで描いた後、指で軽くぼかすと自然なグラデーションの完成。ぼかした後は、しっかり密着してくれるのでヨレ知らず。
(のちゃさんさんの投稿写真)
がっつり囲むタイプのラインも、ナチュラルなまつ毛の間を埋めるだけの時も、とても役立ってます。

瞳に力強い輝きをプラス

ベルサイユのばら / リキッドアイライナー

0.4ml・1,200円
細身のリキッドアイライナーで持ちやすく、細いラインも描きやすい。つけた瞬間から速乾。スーパーウォータープルーフですが、お湯ですっきりオフできます。
発色も良くにじみにくい
目のキワまで描きやすいので、思い通りのラインになります。囲み目ラインで目元が際立つ。速乾性も高いので時短メイクも叶います。
(のん0319さんの投稿写真)
やっと滲まないアイライナーに出会えました。
どんなアイライナーを使ってもすぐ滲んでしまうのが悩みだったんですが、こちらはほとんど滲みませんでした。
筆先も細くてとても描きやすいです。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

コスパよく旬顔を叶えられるプチプラまとめの保存版を公開★今っぽいメイクを手軽に楽しみたいときに大活躍してくれるのが、ドラッグストアなどで買えるプチプラコスメ。今回はこれまでに公開されたプチプラコスメなどの記事をまとめてご紹介します。それぞれの定番コスメに加え、ハイライト・チーク・ティントリップといったアイテム別のピックアップにも注目です。
ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

2018年秋冬の新作コスメをトレンド別に大公開★ツヤやベルベットなどの質感、ピンク・レッド系やカーキ・グリーン系などのこの秋トレンドの色別に分けてたっぷりとご紹介します。プチプラからデパコスまで盛りだくさんなので、あなたの欲しいアイテムが見つかるはず♪
パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

あなたの魅力を輝かせるパーソナルカラー診断をもとに、秋冬の装いを盛り上げるメイクアップアイテムをご紹介♪新作&新色のアイシャドウ・チーク・リップからあなたの肌色にマッチするコスメを見つけて、華麗なドレスアップを叶えましょう!
アイラインの上手な引き方基本編!初心者さんでも簡単に目ヂカラアップ

アイラインの上手な引き方基本編!初心者さんでも簡単に目ヂカラアップ

メイクのなかでも特に技術が必要になってくるアイラインは、ちょっと難しいと思われがちですよね。確かに失敗しやすい場所ではあるのですが、アイライナーの種類や、ちょっとしたコツを知るだけで格段に引きやすくすることができます。また、自分の目のタイプによって引き方を変えれば、目ヂカラのある印象的なメイクに変身させてしまうことができます。今回は初心者さんのために、基本のアイラインの引き方やおすすめアイテムをご紹介します。
ドールフェイスは目元が重要。アイラインでかわいいたれ目に♪

ドールフェイスは目元が重要。アイラインでかわいいたれ目に♪

優しい印象のかわいいたれ目を作るアイラインの引き方をご紹介します。たれ目メイクをマスターして愛されドーリーフェイスに♡守りたくなる女子へと近づいちゃいましょう。
まめちちびびこ | 28,250 view
リキッドorジェル?デカ目になれるプチプラ優秀アイライナー

リキッドorジェル?デカ目になれるプチプラ優秀アイライナー

毎日のメイクの印象を左右するアイメイク。その中でもアイライナーは目をパッチリ見せてくれる重要なアイテムです。今回はプチプラでもあなどれない優秀なアイライナーを、タイプ別にまとめてみました。
枝豆はなこ | 21,361 view
横顔美人はこうして作る!メイクテクでどこから見てもキレイに

横顔美人はこうして作る!メイクテクでどこから見てもキレイに

メイクの時案外気にしていないのが、横からの見え方。美人を目指すなら、横顔の見え方も頭にいれておかなくちゃ。どこから見てもキレイに見えるメイクテクで、あなたも横顔美人に♪
momotan | 9,513 view
【奥二重メイク】腫れぼったくならないやり方&垢抜けるコツを大公開

【奥二重メイク】腫れぼったくならないやり方&垢抜けるコツを大公開

目が腫れぼったい感じに見える、化粧映えしない…。そんな奥二重さんならではのお悩みに応える、アイメイクの基本を徹底まとめ!目元を美しく見せる簡単なやり方をご紹介します。グラデーションがキレイに決まるアイシャドウや、スッキリとしたまぶたを演出するアイライナーなど、奥二重さんの魅力を引き出すおすすめコスメもピックアップしました。

この記事に関するタグ

この記事のキュレーター

@cosme編集部 @cosme編集部