2016年4月12日 更新

マニキュアがすぐ剥げちゃう! セルフネイルを長持ちさせるコツ

セルフネイルを長持ちさせるコツってあるのでしょうか?丁寧に塗ってもすぐに剥げてしまうことがセルフネイルの悩みどころ。なんとか長持ちさせる方法がないか調べてみました。

3,928 view

セルフネイルの一番のお悩みは…

どうして剥げやすいの?
剥がれやすいネイルでお悩みの方は多いはず。特にセルフで仕上げたネイルともすれば一日で剥げてしまったりという経験もあるのではないでしょうか。そんな剥がれやすいセルフネイルを剥がれにくくするコツ。それはネイルを塗る前から始まっていました。今回はそんな塗るときのコツをそれぞれ調べました。

最初に爪の補強をすることが大切

ネイルをするには、まず強い爪が必要です。すぐに割れたり、折れたりするような爪だと綺麗なネイルはできませんよね。こちらの商品は弱い爪を強くしてくれる補強用コートです。ハードナー1で爪に繊維のネットを作り、ハードナーの2が爪の表面を滑らかにしてくれます。弱い爪を強化してくれ、ネイルを塗りやすくしてくれます。

ネイル前に油分をしっかり洗い流す

手を洗ってからが基本
爪の表面に油分が残っているとネイルは綺麗に塗れません。ハンドクリームなどで手のお手入れをした後などは特に、ネイルの前には必ず手を洗いましょう。石鹸で手を洗う方法もありますが、綿棒に巻いたコットンに除光液を付け、それで拭き取る方法もあります。いずれにせよ、爪の表面に油分が残っていない状態にすることが大切です。

爪の形を整えて余分な甘皮をケア

甘皮の処理ひとつで爪の印象が変わります
まだネイルを塗ってはいけません。塗る前の準備として、爪の形を整えておくことも大切です。そこには甘皮の処理も含まれますよ。爪の形は爪切りではなく、やすりで整えるようにしましょう。爪が薄くならないように角度に注意してください。甘皮の処理はスティックにコットンを巻き付け、優しく甘皮を押し上げてあげます。

ベースコートがカラーを長持ちさせてくれる

ベースコートでネイルをしっかり定着させます
マニキュアを塗る時には、まずベースコートを塗るようにします。やすりで整えた爪の表面でも、ネイルを直接塗ると剥がれやすいのです。ベースコートは爪とマニキュアをくっつけておく接着剤の役割を果たしてくれるのですね。すぐにカラーを乗せたいところですが、このひと手間がネイルを長持ちさせるコツなのですね。

先端まで気を抜かないこと

先端までしっかり塗りましょう
マニキュアは爪の表面だけでなく、爪先の裏側にも塗るようにしましょう。しっかりカバーをしてあげることでネイルが剥がれにくくなります。そして二度塗りをすることで、しっかりネイルを定着させてあげましょう。爪の先端にラメを乗せるのもコツのひとつ。ラメは剥がれにくいので、よりネイルを長持ちさせることができます。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
セルフネイル派向け♡ 乾きやすいおすすめネイル&テクニック

セルフネイル派向け♡ 乾きやすいおすすめネイル&テクニック

セルフネイル派は必見! 速乾アイテムを使えばお気に入りのマニキュアも、乾きやすいネイルポリッシュに早変わり。かんたんな裏技テクニックやおすすめのアイテムをご紹介します。
まめちちびびこ | 6,166 view
まだイライラしてる?乾きやすいネイルでストレスフリーに!

まだイライラしてる?乾きやすいネイルでストレスフリーに!

もっと乾きやすいネイルがあったら良いのにな、と女性なら誰でも思いますよね。忙しくても絶対に指先には手を抜きたくない、そんなあなたにおすすめの速乾ネイルをご紹介します。
cocotan | 5,934 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

藤原ゆう 藤原ゆう