2015年10月15日 更新

ヘアケアの基本☆正しいシャンプーの仕方で美髪になろう♡

正しいシャンプーの仕方をご存知ですか?シャンプーの仕方次第でキレイな髪は作れます。自分のシャンプーの仕方が正しいかどうかチェックしてみましょう!

毎日シャンプーしているけど…

このやり方で合っている?
出典 slism.net
このやり方で合っている?
みなさんは毎日のシャンプーを正しい方法で行っていますか?きちんと洗っているつもりでも、もしかしたら間違っているかもしれません。実は素洗いやシャンプー、すすぎを髪だけに行うのはNGなんです。正しいシャンプーの仕方を知って、トラブル知らずの美しい髪を手に入れましょう!

シャワー前のブラッシング

シャワー前の準備も大切
シャワーをする前にシャンプーをすると、頭皮の血行が良くなり、髪のほこりや絡みを取る事ができます。目の粗いブラシで頭の上からよくとかすようにしましょう。クッションブラシを使うと、頭皮へのマッサージを同時に行うことができます。

素洗いは十分に

いきなりシャンプーはダメ!
素洗いで地肌を濡らしていきましょう。シャワーヘッドを直接地肌につけると◎。温度は約38~40度が適温です。素洗いをしっかり行うと少量のシャンプーで泡立ちやすくなり、髪と地肌の汚れの70%を落とすことができるので、ぜひやっておきましょう。スタイリング剤が落ちにくい時は、指の腹で髪を揉みほぐします。それでもダメなら軽くシャンプーで洗い流してから、再度しっかりシャンプーしましょう。

シャンプーは泡立てる

ふわもこの泡
シャンプーを手に取り、手のひらの上で泡立てます。泡立てネットを使って泡立てるとモコモコの泡が簡単にできます。原液を直接髪につけてしまうと全体に行き渡らず、頭皮が痒くなるなどのトラブルを引き起こしてしまうので注意しましょう。

地肌から泡をつけていく

頭皮ケアしましょう☆
出典 googirl.jp
頭皮ケアしましょう☆
シャンプーで一番ケアするべき部分は頭皮です。一番汚れている場所なので、泡立てたシャンプーを髪からではなく地肌からつけていきます。後頭部は髪が多いので洗い残しやすい場所です。髪をめくりながら、上から下へとつけていきましょう。頭皮をきちんと洗えていないと皮脂がつまり毛穴をふさいでしまうため、フケや匂いの原因になってしまいます。

マッサージしながら洗う

シャンプーしながらマッサージ
シャンプーで洗うのは頭皮だと考えて、頭皮からしっかり洗いましょう。頭皮を洗うことで、髪も一緒に洗うことができます。頭皮をつかんで指の腹で円を描くように頭皮をマッサージするのがポイント。さらにジグザグな動きをプラスしてマッサージしていきましょう。毛穴の汚れが落ち、血行改善されるため健康な髪が育ちやすくなります。

すすぎはしっかりと

十分すぎるくらいに洗い流しましょう
最後にすすぎですが、しっかりとシャンプー剤を流してください。すすぎ残しのないように地肌からしっかりと流すようにしましょう。フケやかゆみの原因の多くは洗い残しにあります。最低でも3分以上シャワーで流すのが理想。シャワーと連動して頭皮部分を動かせば、頭皮マッサージもできます。
いかがでしたか?普段のシャンプーをここまで丁寧に行っている人は、あまりいらっしゃらないかもしれません。時間がなくてササッと終らせてしまうという方でも、正しい方法を覚えてしまえばプラスアルファの時間で頭皮&ヘアケアすることができます。正しいシャンプーの方法で、トラブルのないきれいな髪を目指しましょう♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
潤いが失われやすい冬☆傷んだ髪のスペシャルケアがマスト!

潤いが失われやすい冬☆傷んだ髪のスペシャルケアがマスト!

冬は寒くて家にいる時間が多くなったりしますよね。そんな時間を利用して、傷んだ髪を集中ケアしませんか?乾燥しがちな季節は髪にしっかり潤いを与えましょう。さまざまなお手入れ方法をご紹介します!
自宅でヘッドスパ!頭皮クレンジングでスッキリしよう♪

自宅でヘッドスパ!頭皮クレンジングでスッキリしよう♪

頭皮クレンジングしていますか?もしかしたらあなたの髪の毛や頭皮は、ダメージを受けているかもしれません。今回は、髪や頭皮に優しいアイテムをご紹介。スッキリ美人になりましょう♪

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

sayamimi sayamimi