2016年4月6日 更新

雨の日対策! 湿気にも負けないくずれ知らずのまとめ髪のコツ

天候が崩れると、ヘアスタイルも崩れがち。ボサボサヘアにならないように、できるだけきれいに髪を崩れにくくするにはどうすればいいんでしょうか。まとめ髪がくずれない方法をご紹介!

2,944 view

かわいいまとめ髪も雨の日は大変

雨の日のまとめ髪って憂鬱
かわいいまとめ髪も雨の日はボワンと広がったり、崩れたり、思い通りにいかないですよね。雨で崩れやすいのは湿気のせい。崩れやすくなる原因を知って、対策しておきましょう。崩れにくいヘアスタイルにはちょっとコツがあるんです。

ワックスで崩れにくくするポイント

オフィスにもOKのきちんとヘア
出典 fanet.jp
オフィスにもOKのきちんとヘア
アップスタイルをきちんとまとめるには、ワックスで髪をまとめます。
最初に髪全体を乾かして、ソフトワックスを少量すり込み。
出典 fanet.jp
最初に髪全体を乾かして、ソフトワックスを少量すり込み。
乾かした髪に全体的になじむようにソフトワックスを少量ずつすり込みます。まとめる前に、全体的になじませるのがポイント。

ヘアピンをうまく使うこと

ヘアピンの正しい使い方
髪を留めるヘアピン。使っていて崩れてしまう時がありませんか?そんな時は使っている向きを確認してください。アメピンは下になるのは波打っている方。差し込む時に長いまっすぐな方を入れてしまっていないかどうか確認してみましょう。波打っている方で留める方が動きません。

梅雨シーズンは編み込みテクもおすすめ

編み込みはボサボサしにくい
ボサボサになりやすい湿度の多い梅雨の時期は、ヘアスタイリング剤やヘアピンでも限界!と思う髪質の人は、編み込みを活用してもいいでしょう。編み込むことで、遅れ毛も毛束にまとめられるので、結んで留めるスタイルよりまとまりやすいヘアスタイルです。

ナースヘアは超優秀なまとめ髪

いつもまとまっているナースのヘアスタイルは優秀!
いつも走り回るように忙しく働いているナースの皆さん。いつもアップなのにピシっと決まっていると思いませんか。清潔さが第一の医療現場ではきちんとまとまった髪は必要不可欠。忙しく働いても崩れない、天候にも左右されないヘアスタイルにコツを学んでみましょう。

用意するアイテム

ドライヤーやブラシの他にゴムやピンなど
用意するアイテムは結ぶためのゴム、留めるためのピンです。
また乾かしてブローするためのブラシとドライヤー。加えて、ヘアスプレーが必要です。このヘアスプレーは結び目をきっちり固定するために役立ちます。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
Uピンを使えば簡単にできる♪ ふわふわヘアアレンジ

Uピンを使えば簡単にできる♪ ふわふわヘアアレンジ

Uピンはアメリカピンみたいに黒くて、Uの形をしているピンのこと。実はこれ、まとめ髪やハーフアップをきれいに作るには必需品なんです! 今回はUピンの使い方とルーズなふんわり感が魅力のヘアアレンジをご紹介します。
Reet | 15,037 view
ゆるふわなまとめ髪をレベルアップ! そのための秘策とは♡

ゆるふわなまとめ髪をレベルアップ! そのための秘策とは♡

ガーリーなシルエットが魅力的な、ゆるふわまとめ髪。女子の憧れのヘアスタイルですよね♡ でも、なんだかいまいち決まらない…。そんな方も多いのでは? そのお悩みを解決するための方法、一挙公開します☆
mayu♡ | 6,739 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Pheme Pheme